無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フロイド殺害事件から1年。反黒人差別「BLM」運動が変えたこと、変えられなかったこと【現地動画あり】

5月25日(米国時間)、ニューヨーク・マンハッタン地区に集まった反黒人差別デモの参加者たち。非黒人、若い世代が多い。

撮影:柏原雅弘

2020年春、大都市から地方の小さな町までアメリカ中の通りを若者たちが埋め尽くした「ブラック・ライブズ・マター(BLM、黒人の命は大切だ)」運動。

ちょうど1年前の2020年5月25日、中西部ミネソタ州ミネアポリスで、黒人のジョージ・フロイド氏(当時46歳)が元白人警官のデレク・ショービン被告(現在45歳)に殺害されたのがきっかけだった。

「1年経っても、今日はつらい日です」

黒人のバーバラ・リー下院議員(カリフォルニア州)は、MSNBCテレビにそう語った。

それでも、BLM運動はのちに歴史の教科書に載るであろう果実をいくつか結んだ。その果実は、主に3つある。

  • 2021年4月20日、ショービン被告が殺人罪に問われた裁判で、陪審員は有罪評決を言い渡した。白人警官が黒人を殺害して有罪評決が出るのはきわめて画期的。6月下旬には厳しい量刑が下される見通し
  • アメリカの連邦議会で、容疑者の首を腕で絞める「チョークホールド」を禁じるなどの「警察改革法案」が審議中。全米各州の司法当局や大都市の警察本部が、改革に着手
  • BLM運動の影響で、「差別問題」を見つめ、改善しようという機運が高まった。例えば、新型コロナウイルスが中国から来たとしてアジア系に対するヘイト犯罪・スピーチが広がったのに対し、「サイレント・マイノリティ(声なき少数派)」とされていたアジア系市民がデモを起こした。2021年5月21日には、バイデン大統領が「アジア系住民に対するヘイトクライム法案」に署名し、同法が成立
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み