全面改修工事中の超高級ホテル、ウォルドーフ・アストリア「1億円超の完成予想模型」を全公開

完成予想模型 マイケル・ケネディ

ニューヨークの老舗高級ホテル「ウォルドーフ・アストリア」の完成予想模型を製作したマイケル・ケネディ氏。

Crystal

ニューヨークを象徴する高級ホテル「ウォルドーフ・アストリア(Waldorf Astoria)」の大改修が進んでいる。大金を投じて制作された完成予想模型も、その豪華絢爛な復活劇の一部だ。

マンハッタンの富裕層向け不動産物件の販売に際しては模型がツールとしてしばしば使われる。ただ、ウォルドーフほどの歴史的建造物の改修後の姿を描き出すには、他とは一線を画する費用が必要だった。

その額、実に100万ドル(約1億1000万円)。富裕層の永住を目的としたランドマークとしてのウォルドーフ・アストリアの新たな姿を、一定の縮尺で表現した。

マンハッタン地区ミッドタウンにあるこのホテルは、米ニューヨーク・タイムズの報道によれば、2015年に中国の安邦保険集団に19億5000万ドル(約2100億円)で買収された。

ホスピタリティ(接客)産業における史上最も高額な買収のひとつに数えられるこの取引成立後、ホテルの一部はコンドミニアム(=日本で言うところの分譲マンション)に改修されることになった。

改修工事は現在も進行中で、建物のほかの部分もリノベーションの真っ最中。宿泊施設と居住エリア(レジデンス)のいずれも2023年上半期のオープンを予定している。

上層階では1400の客室を375戸のレジデンスに変更する改修工事を行う一方、低層階はホテル用途のままで、再設計をへてヒルトンが運営する。

ニューヨーク・タイムズによれば、アールデコ調47階建てのウォルドーフ・アストリアの改修費はおよそ10億ドル(約1100億円)新設される375戸のレジデンスには124種類の異なる間取りが用意され、その多くは富裕層向けのプライベートテラス・家具付きで即入居可能な住戸となる

60abdc565e345700192652ab

ニューヨーク・マンハッタン地区にあるウォルドーフ・アストリアのエントランス。こちらは実物の写真。

Noë & Associates/The Boundary

パークアベニューに面する一等地に陣取るこのホテルとレジデンスは、マンハッタンの東49丁目から50丁目に広がる1ブロックをまるごと占める。

「ザ・タワーズ(The Towers)」と命名された新設のレジデンスは、スタジオタイプ(ワンルーム)から2戸限定のペントハウス(最上階の特別仕様)まで、さまざまな価格帯の住戸が用意される。

建築専門誌アーキテクチュラル・ダイジェストによると、1ベッドルームの間取りが180万ドル(約2億円)、およそ280平方メートル(約85坪)ある4ベッドルームの間取りだと1850万ドル(約20億円)前後になるという。

銅製屋根のピラミッド型をした最上階部分に位置する2つのペントハウスを含め、複数階の住戸もある。

60abed775e3457001926535c

由緒あるウォルドーフ・アストリアの頂上部。

Noë & Associates/The Boundary

この歴史的建築物のモダン改修を担当するのは、「AD100」(=前出のアーキテクチュラル・ダイジェスト誌が毎年発表しているトップデザイナー・建築家リスト)に選出された著名インテリアデザイナー、ジャン・ルイ・ドゥニオ氏だ。

富裕層向けの住戸を購入してもらう手法として、建物のデザインを縮尺した模型で細部まで表現して見てもらうのは常套手段のひとつだが、ウォルドーフはこの完成予想模型を別次元にまで引き上げた。

模型デザイナーのマイケル・ケネディ氏とそのチーム(ケネディ・ファブリケーションズ)は、建物全体を表現する3種類の模型をつくり上げるのにほぼ1年を費やしたという。

ケネディ氏は今回、完成した模型をInsiderの取材でお披露目してくれた。

606cc11a30004b0019b264a0

ウォルドーフ・アストリアの完成予想模型(メイン部分)。

Crystal Cox/Insider

ウォルドーフ・アストリアのマンションギャラリーに置かれた完成予想模型は、4650平方メートル(約1400坪)のホテル・レジデンスを3分割して圧縮。パークアベニューに面する建物を細部までカスタムメイドでつくり込んで再現してある。

メイン部分の模型は重さ300ポンド(約136キロ)、高さ2.7メートル超。富裕層向けのドールハウス(人形の家)といった具合で、金箔貼りの箇所もあり、ホテルと住宅の両方に合計4200個の照明が組み込まれている。

製作歴30年というベテラン模型デザイナーのケネディ氏は、Insiderの取材に対し、一般的な模型は3〜6カ月あれば完成するところだが、ウォルドーフ・アストリアには過去最長となる1年の時間を要したと語る。

庭園部

Crystal Cox/Insider

製作にあたっては、緑地やレストランなど構成要素ごとに照明の異なる周辺エリア模型のため、フルレンジで階調を表現できるマトリックス照明システムを開発。

また、ホテル・レジデンス模型についても、内部の「スターライトプール」や「ウィンターガーデン」を可視化するために屋根が持ち上がるよう、油圧式のリフトシステムを開発した。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み