ゴールドマン・サックス厳選の買い推奨11銘柄。グローバル企業に恩恵

過去14カ月において、市場を牽引する銘柄は、アメリカ国内を売上のベースとする「国内志向型企業」から、海外展開に積極的な「グローバル志向型企業」に移った後、いったん国内志向型企業に戻った。しかしゴールドマン・サックスは、間もなくバトンは再びグローバル志向型企業に手渡されると指摘する。

2020年のコロナショック直後から当面の間、市場はグローバル志向型銘柄が優勢と見ていた。しかし2021年2月以降、その見方は逆転した。アメリカ経済の強靭さと速やかなワクチン接種の普及が国内志向型銘柄の強力な押し上げ材料となり、経済再開をテーマとする取引が活発化したためだ。

しかし、ゴールドマン・サックスのアメリカ株チーフストラテジスト、デイビッド・コスティン((David Kostin)は、その期待は既に株価に織り込み済みだという。コスティンはクライアント向けレポートにこう記す。

「今後数カ月において、世界経済の回復ペースがアメリカ経済の回復ペースを上回り、国内売上比率の高い銘柄は、海外売上比率の高い銘柄の後塵を拝することになるだろう。(中略)

構造的なドル安と、アメリカの成長を相対的に上回る世界経済の成長加速によって、国内志向型アメリカ企業より、グローバル志向型アメリカ企業の方が恩恵を受けるためだ」

こうした予測を背景に、コスティンは海外売上比率の高い企業について強気な見方をしている。コスティン率いるゴールドマン・サックスのアメリカ株チームは、このトレンドの追い風を受けるであろう海外売上比率の高い企業を厳選した。

S&P500銘柄の平均海外売上比率は、総売上の25%程度だが、コスティンらが選んだ銘柄の海外売上比率は、実に50%以上だ。したがって、これらの銘柄は、コスティンが予測するトレンドの恩恵を最も大きく受けると期待される。

それでは、選ばれた11銘柄を、海外売上比率が低い銘柄から高い銘柄へとランキング形式で紹介していこう。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular