無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ハイテク企業がハリウッドを変革する…映画業界再編まとめ

Star Wars

FilmPublicityArchive/United Archives via Getty Images

  • メディアビジネスは統合を続けており、アマゾンによるMGMの買収は最初の事例ではない。
  • ディズニーは2019年に21世紀フォックスを買収してHuluを手中に収め、AT&Tはワーナーメディアとディスカバリーを合併させた。
  • これらの取引は、メディア企業の多くが、生き残りのためにストリーミング市場を重視する傾向を示している。

2021年5月26日、アマゾン(Amazon)がMGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)スタジオの親会社を84億5000万ドル(約9200億円)で買収することが発表された。

この買収は、MGMが所有する映画やテレビ番組がアマゾン プライム ビデオ(Amazon Prime Video)のストリーミング・プラットフォームに登場し、会員が視聴できることを意味している。

これは、テック企業が映画業界の有力企業と提携することで、ストリーミングサービスを充実させ、ディズニー(Disney)やネットフリックス(Netflix)のようなライバルに対抗するという新たな事例だ。

ストリーミングサービスが従来のテレビ放送よりも人気を得るようになった今、メディア企業はそれを喜んで受け入れ、業界の統合をさらに進める可能性が高い。特に独自のストリーミングサービスを持たない映画会社は、自分たちのライブラリーに目を向けてもらい、収益化する方法を模索しているからだ。

ここでは、ストリーミング戦争の舞台となった、技術系プラットフォームと伝統的な映画会社との間の、合併・買収・提携などを紹介する。


ディズニーが21世紀フォックスを買収

ドリュー・バリモア

ドリュー・バリモア主演の1999年の作品『25年目のキス』。

Getty Images / Handout

ディズニーは、映画会社の21世紀フォックス(21st Century Fox)と、数十年の歴史を持つ子会社の20世紀スタジオ(20th Century Studios)を710億ドル(約7兆800億円)で買収し、2019年に閉鎖した。ディズニーのストリーミング・プラットフォームであるディズニープラス(Disney+)は同年12月に開始され、『25年目のキス』や『エバー・アフター』などの映画が視聴可能になった。

これらの21世紀フォックスの作品は、ディズニーがすでに過去に買収した『スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』を生んだルーカスフィルム(LucasFilm)やマーベル(Marvel)などの作品とともに魅力的なライブラリーに加わることになる。


21世紀フォックスとの契約でディズニーはフールーの支配権を得た

エリザベス・モス

エリザベス・モス(Elisabeth Moss)主演の「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」。

Sophie Giraud/Hulu

フール―(Hulu)は所有形態が複雑だったが、現在はディズニーが会社の過半数を所有し、このストリーミング・プラットフォームの運営を維持している。

ディズニーは、21世紀フォックスの買収により、2007年にサービスを開始したストリーミングサービスの元祖のひとつであるフールーの株式の60%を取得した。その後、アメリカの通信大手AT&Tが保有する9.5%の株式を取得し、フールーへの出資比率は約70%となった。

他の株主はコムキャスト(Comcast)のみで、2019年の契約で最低でも21%の保有が保証されている。

ディズニーはディズニープラス、フールー、ESPN+をセットにした13.99ドル(約1537円)のバンドルサービスも提供している。


ネットフリックスは、2021年4月にソニーとの契約を発表

Tom Holland

トム・ホランドはMCUの5作品でスパイダーマンを演じている。

Sony Pictures Releasing

この契約により、ネットフリックスは、トム・ホランド(Tom Holland)を起用した『スパイダーマン』シリーズを含む、ソニー(Sony)の2022年以降の作品をアメリカ国内で提供できるようになる。今後のソニーの作品としては『ジュマンジ 』や 『ゴーストバスターズ』などが考えられる。2022年に劇場公開されたソニー映画は、まずペイパービューでの配信に移行し、その後ネットフリックスに登場する予定だ。

Insiderのトラヴィス・クラーク(Travis Clark)が報じたように、この契約は、独自のストリーミング・プラットフォームを持たないソニーに、自社の映画を紹介する手段を提供する。また、ネットフリックスにとっても、有料会員を引きつけるための劇場公開作品が増えることになる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

北京・上海で計画停電、信号も止まる「電力不足」。優先すべきは経済か環境か…中国が直面する矛盾

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 19, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

karakama_WEO_202110_top

日本経済の悪化ぶりは別次元。最新のIMF「世界経済見通し」が示すアフターコロナの“国際格差”

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Oct. 19, 2021, 07:00 AM
  • 7,492

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み