無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


自己肯定感を高めながら理想のキャリアを切り開くなら、心がけたい2つの視点【田中研之輔】

サムネ

撮影:今村拓馬

いまやDX(=デジタルトランスフォーメーション)という言葉を聞かない日はありません。

DXとはご存知のとおり、デジタル技術を駆使することによって人びとの生活を改善したり、企業の生産性や競争力を高めていくこと。例えばZoomやTeamsを使った会議が当たり前になったおかげで、移動時間のコストが削減され、ビジネスパフォーマンスが改善されたという人も少なくないでしょう。

DXによる変革とともに忘れてはならないのが、CX(=キャリアトランスフォーメーション)です。

いま私たちのキャリアは、組織内キャリアから自律型キャリアへと、変革の時を迎えています。この波に乗り損ねると、これからのキャリア形成で苦労することになります。

もしかしたら、自律型キャリアと言われても「まだあまりピンと来ない」「組織で働いているのに、個人が主体性を発揮しては周囲に迷惑がかかるのでは?」と思う方もいるかもしれません。しかしそんなことはありません。

経済が拡大し、業務の分業が進むにつれて、私たちは徐々に主体的に働くことがあたかも組織のブレーキであるかのように信じ込まされてきただけ。自ら主体的に働くこと——これこそ働き方の本質であって、組織に対して遠慮する必要などどこにもないのです。

我慢しながら働くことや、指示を待ってやらされ仕事を続けることが、いかに生産性を妨げるブレーキとなるか。そのことは皆さん自身が痛感しているはずです。自ら主体的に考え、動き、業務改善を続けながらアウトプットにつなげていく自律型のキャリア形成は、何より組織を伸ばすことにもつながります

そこで今回は、CXを進めながら、自己肯定感を高めていく2つの視点を共有します。誰でも今日からできます。

空間の視点、時間の視点

まず、常日頃から心がけて欲しいのは、目の前のいかなる悩みであれ、それらは社会的につくられた「事物」にすぎないという認識を持つことです。

社内規定、賃金、勤務時間、仕事の進め方……など、働き方に関する問題も、すべて誰かによってつくられたもの。私たちにとって当たり前のことであっても、世界的に見れば特異なことであったり、歴史的な視点で見れば、ごく短期間の暫定的な事柄だったりするものです。

このように認識することで、悩みを解決する突破口が見えないような状況でも、自分が置かれている状況を冷静に判断できるようになります。

分かりやすい例が、社内申請・承認の際の「押印文化」ですね。コロナ禍でのリモートワークがニューノーマルとなり、「ハンコいらない」「ハンコなしでも困らない」という、あまりに当たり前のことに私たちはようやく気づきました。

ハンコ文化

ハンコを押すためだけに出社、なんてことも。

mapo_japan/Shutterstock

ただし、組織文化というのは恐ろしいものです。トップが大鉈を振りかざさない限り、変わることはありません。請求書にしても、送付までをすべてワンストップで完結できるオンラインサービスがあるにもかかわらず、いまだに捺印して郵送を求める企業も少なくありません。DXの視点で組織文化の視点も変革していく必要があります。

問題は、この一連のプロセスの中で、形式的な業務が発生し、それだけ生産性が落ちているということです。試しに、あなたの今日の業務をチェックしてみてください。無駄な作業が玉突き事故を起こしてはいませんか?

コロナ禍でやるべきは、DXとCXの視点で、働き方や生き方を改善していくことです。その際に意識するといいのが、「空間の視点」と「時間の視点」です。

先ほど例に挙げた「押印文化」は、例えばアメリカにはありません。あらゆる事項がサインで承認される文化です(サインも、対面で目の前で書かれることに公称的価値が認められていました。CXが進み、今ではサインのオンライン化が急速に進んでいます)。

このように「空間の視点」とは、他国、他都市、他社、他部署……など、複眼的に他と比較する視点を養うことを意味します。空間の視点を持つことで、自らの特異性に気づき、改善していくことができるのです。

この時に、「これは組織で意思決定する必要があるのか、個人で主体的に取り組むことで改善できるのか」という点も整理しておくようにしましょう

承認プロセスをハンコからデジタルに変えることは、個人の判断ではできないことです。経営者や社内の責任者が迅速に判断して、組織的に取り組んで初めて解決できることですよね。

このような視点から私たちの働く環境を見ていくことで、何が問題なのかが浮かび上がってきます。そこで、浮かび上がってきた問題に対して、今度は状況を変えていくことができるかどうかを考えるのです。

同様の手順で、空間の視点から自らのキャリアについて考えることもできます。

仮に、あなたは同じ職場で長年、同じ業務に携わっているとします(私のような大学教員もまさにそのような働き方をしています)。空間の視点でこの状況を捉えると、新しい出会いが限られているな、閉ざされたキャリアだな、などと気がつくはずです。

そうとなれば、もっと積極的にキャリアを拓いていかなくてはと感じるのではないでしょうか? 実際、私は日々それを痛感しているので、大学の業務はしっかりとこなしつつも、それ以外の外の仕事に挑戦していくことを常日頃から心がけています。

キャリアとは最も身近なことであるだけに、近視眼的になりがちです。職場、会社、同業他社、異業種、空間のレンジを広げる・狭めるの往復を繰り返しながら、キャリアを空間的にとらえ、位置付けることを習慣化してください。

そうすることで、あなた自身のキャリアを客観的、相対的に認識できるようになります。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み