グーグルの男女格差をめぐる訴訟、1万人以上の集団訴訟に

グーグルCEO

開発者会議で発言するグーグルのサンダー・ピチャイCEO。

REUTERS/Stephen Lam

  • グーグルの元女性社員4人による男女平等の訴えが、集団訴訟(クラスアクション)として認められた。
  • 原告は、グーグルが女性社員に支払う年間の給与は、同じ仕事をする男性社員よりも1万7000ドル近く少ないと主張している。
  • 4人は、同様の主張をしている1万800名の女性を代表することになる。

ブルームバーグ(Bloomberg)が報じたところによると、2021年5月27日、サンフランシスコ州判事が、グーグル(Google)の同じ仕事に対する男女間の賃金格差をめぐる訴訟を集団訴訟(クラスアクション)として行うことを認めた。

この訴訟は、もともと2017年にグーグルの元女性社員4人が起こしたものだ。その中で女性たちは「グーグルが実質的に同様の業務を行っている男性社員に支払う報酬よりも、女性社員に支払う報酬が少ない」ので、グーグルはカリフォルニア州の同一賃金法に違反していると主張していた。

ブルームバーグが以前に報じた開示資料によると、この訴訟は6億ドル(約658億円)以上の損害賠償を求めている。

2020年7月に提出された裁判資料によると、この女性たちは、グーグルが雇用している約1万800名の女性を代表し、同社が同じ仕事をしている男性により多くの報酬を支払っていると主張している。この資料によると、グーグルが女性従業員に支払っている金額は、「同様の状況にある男性 」よりも年間で約1万6794ドル(約184万円)少なかったという。

「グーグルは同じ職種、同じ勤務地の男性に比べて、女性に支払う基本給が少なく、ボーナスも少なく、株式も少ない」とその資料には書かれている。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み