無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「日本はもったいない」キャシー松井さんら女性だけで160億円VC立ち上げの理由

MPower_Team1

右から村上由美子さん、キャシー松井さん、関美和さん、鈴木絵里子さんという金融業界でキャリアを築いてきた女性たちが、日本からグローバル市場を目指すスタートアップを支援するVCを立ち上げた。

提供:MPower Partners

2020年末にゴールドマン・サックス証券を退社したキャシー松井さんが新たな事業をスタートさせる。

元OECD(経済協力開発機構)東京センター所長の村上由美子さんと、ピーター・ティールやベン・ホロウィッツなどの著書の翻訳家としても知られる関美和さんと一緒に。

長年の友人同士でもあり、金融界で活躍してきた3人が新たに立ち上げるのはベンチャーキャピタル(VC)、MPower Partners Fund L.P.(以下、MPower Partners)。社会課題をテクノロジーで解決する起業家を支援し、日本では例のないESG(環境Enviroment、社会Social、ガバナンスGovernance)を重視するVCを目指すという。

キャシーさんは長年ゴールドマン・サックスの顔だった。20年前に提唱した「ウーマノミクス(女性と経済)」はその後、政府の女性政策にも大きな影響を与えただけでなく、大病を乗り越え、同社を代表するストラテジストとして活躍する姿に勇気づけられた女性達も多かった。

キャシーさんの退社は大きなニュースとなったが、退社前のBusiness Insider Japanのインタビューに対して、「新しく始めたいことがある」と話していた。

明るい未来が描きにくい日本のトリガーに

キャシーさんとともにファンドのゼネラル・パートナーとなる村上さん、関さんも金融業界でのキャリアが長い。村上さんはOECD以前、約20年間ニューヨークやロンドンのゴールドマン・サックス証券でマネージング・ディレクターとして働いてきた。関さんもモルガン・スタンレー投資銀行を経て、クレイ・フィンレイ投資顧問の東京支店長を務めた。

長年の友人同士でもあった3人にはいくつか共通点がある。まず海外で学び、働いたグローバルでの経験があること。その経験から明るい未来が描きにくい日本でも、グローバルの視点で見ると、もっと成長できる余地はあると、常々3人で話していたという。

「日本は学力調査でも世界トップレベル。スタートアップが成長する条件もそろっているのに、もう一段大きな規模のスタートアップを支えるリスクマネーが少ないから、成長できる可能性がある起業家も小粒に終わっている。

このもったいない感満載の日本に、私たちができることはなんだろう、と話していた。私たちがトリガーになることでこの現実を変えたい」(村上さん)


「海外で教育を受け、働く機会があった私たちが、そのたまたま得た運を、たまたま機会がない人たちにお返ししたい。起業家にお返しすることが経済・社会全体へのインパクトが大きいと考えた」(関さん)

キャシーさん

キャシー松井さん。1999年に提唱した「ウーマノミクス」は、その後社会に広く浸透した。

提供:MPower Partners

日本のベンチャーへの投資市場はこの7年で7倍ほどに拡大してきたが、アメリカや中国に比べると、規模ははるかに小さい。規模が小さいだけでなく、「ベンチャー側にも日本で大きくなれば十分という感覚がある。でも、支援があれば日本発でグローバル市場を目指せる」(キャシーさん)という。

ファンド総額は約1億5000万ドル(約162億円)。成長ステージにある日本のスタートアップを中心に、一部海外のアーリーステージのスタートアップにも投資し、日本企業の海外進出や海外企業の日本進出を支援する。マネージング・ディレクターとしてMPower Partnersに参画する鈴木絵里子さんは、唯一VCの出身だが、昨今のベンチャーをめぐる状況をこう見ている。

「日本ではこの数年、ベンチャーにお金も流れ込み、起業が一種ブームになっている。優秀な人材が起業する一方で、『SaaS企業のつくり方』を指南するようなプレイブックまで出ている。もっと大きな課題を解決するような起業家が出てくるかどうか、今が日本のスタートアップの転換期

早くからESGの重要性に着目

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み