ネスレの菓子や飲料の半分以上は「健康的ではない」…同社幹部も認識

ネスレの加工食品の半分は「健康的ではない」

ニューヨークで開かれたネスレの記者会見場には、同社の菓子類が展示されていた。

REUTERS/Brendan McDermid

  • ネスレの食品や飲料の大半は、一般的に認識されている「健康」の定義に合致しない。
  • 加工食品や飲料のうち、国際的な健康基準を満たすものは、わずか37%だった。
  • フィナンシャル・タイムズが入手した社内資料で、同社がこの問題を認識していたことがわかった。

ネスレ(Nestlé)の昔からある菓子や飲料の60%以上が、国際的に認められた健康基準を満たしていないことが、フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)が入手した社内資料でわかった。

「我々の製品とそのカテゴリーには、いくら刷新しても、健康的にはならないものがある」と同社の幹部が出席するプレゼンテーションの中で述べられている。

ネスレのマーク・シュナイダー(Mark Schneider)CEOは2020年9月、同社は製品を健康的にするために引き続き投資を続けるが、菓子やチョコレートは人間の深い要求に応えるものなので、今後も存在し続けるだろうと、ブルームバーグに語っている。

「健康的」の定義はAccess to Nutrition Foundationなどの国際調査機関が使用している、オーストラリアの5段階評価システムを基にしている。健康的とみなされるためには、3.5以上のスコアが必要だ。

このような指標は「消費者に情報に基づいた選択を可能にする。だが、すべてを網羅しているわけではない」と、同社の広報担当者はInsiderに書面で述べた。

「当社売り上げの約半分は、これらのシステムに該当しない。その中には、幼児用食品、ある種の健康食品、ペットフードなど、それぞれの栄養基準の規制に則った商品群が含まれている」

さらに「我々は、健康的な食生活とは健康と楽しさのバランスを取ることだと考えている。そこには、スイーツなどの適度に消費される嗜好品が存在する余地がある」と、担当者は付け加えた。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み