無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ディズニーに行かない主な理由は、パンデミックではなく「高いから」

MagicKingdom

2020年8月12日、ディズニー・ワールドのマジックキングダムで、新型コロナウィルス感染防止のためにマスクを付けて歩く来場者。

Charles Sykes/Invision/AP

  • 何百人ものアメリカ人が、「ディズニー・リゾートは高すぎるので、今年は行かない」と言っている。
  • Insiderが最近行った調査では、参加者の多くが、「ディズニーには行きたいが、旅行をする金銭的余裕がない」と答えている。
  • 新型コロナウィルスへの懸念は、今の時期のディズニーへの旅行に抵抗を感じている人々の間でも高くなっている。

新型コロナウィルス感染症は依然としてアメリカ中で流行しているが、多くのアメリカ人は、それよりもディズニーのテーマパークへ旅行をすることによる金銭的な影響を心配している。

Insiderによる最新の世論調査によると、近い将来ディズニーのテーマパークに行く可能性が低い人々にとっては、新型コロナウィルスに関する安全面への懸念は依然として高いままだ。しかし、それよりも多くの人が「ディズニーへの旅行は高すぎる」と感じていて、数百人が行かない理由は「単に旅行をする金銭的な余裕がない」からだと答えている。

この記事の執筆時点では、フロリダ州のディズニー・ワールド(Disney World)の通常入場料は109ドル(約1万1935円)から、1日に複数のパークに行ける「パークホッパー」のチケットは174ドル(約1万9052円)からとなっている。カルフォルニア州のディズニーランド(Disneyland)のチケットも同様に、1日104ドル(約1万1388円)だ。Insiderが以前報じたように、4人家族のディズニー・ワールドへの旅行は6000ドル(約6万56973円)以上かかることになり、アメリカの平均的な家庭にとっては高すぎると言ってもいいだろう。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み