無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


独自のSNS戦略で注目のスタートアップ、ハーシーズの買収提案を蹴りIPO目指す

MDS

ミッド・デイ・スクエアズの創業者。左から、ジェイク・カールズ、レズリー・カールズ、ニック・サルタレッリ。

Mid-Day Squares

ヘルシーなチョコレートスナックのブランド「ミッド・デイ・スクエアズ(Mid-Day Squares、以下MDS)」が今、注目を浴びている。

共同創業者であるレズリー・カールズ、ジェイク・カールズ、ニック・サルタレッリの3人は、自作の番組でブランドの認知を高め、Podcastで事業を始めた際のジレンマについて語った。Instagramでは、日々の会社経営で巻き起こるさまざまな出来事をリアリティショー形式にして投稿している。

実はMDSは2021年3月、世界有数の菓子メーカーであるザ・ハーシー・カンパニーから買収提案を持ちかけられた

「売上が1億ドル(約109億円)規模に達すると、食品スタートアップの多くはモンデリーズやゼネラル・ミルズなど大手に売却されるのがおなじみのパターン」とサルタレッリは言う。

だが、創業者の3人がハーシーの提案に興味を示すことはなかった(この件についてInsiderはハーシーにコメントを求めたが、回答はなかった)。MDSは今後も売却はせず、上場を目指すという。

「最後まで見届けたいんです。他社に吸収されていろいろ口を出されると、そもそもこの会社でやろうとしていることがダメになってしまいますから」

売却目的の投資にNo

MDSは2018年にカナダで創業。カールズ姉弟とレズリーの夫であるサルタレッリが、マンションのキッチンで作ったチョコレートバーを販売し始めたことがきっかけだ。

その後、ボルダー・フード・グループ(Boulder Food Group)やセルバ・ベンチャーズ(Selva Ventures)といった投資家から800万ドル(約8.6億円)の出資を受けることに成功。MDSの商品は現在、カナダの食料品店チェーンであるソビーズ(Sobeys)やメトロ(Metro)など、約1800店舗で販売されている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular