火星の虹色の雲を撮影…NASAの火星探査車キュリオシティ

2021年3月19日の日没直後の雲

2021年3月19日、NASAの火星探査車キュリオシティが日没直後の雲を撮影した。人間の目で見た時と同じように見えるように色補正されている。

NASA/JPL-Caltech/MSSS

火星は決してカラフルな場所ではない。陸地も空も、埃っぽい風景が延々と続き、淡い赤茶色にしか見えない。しかし、2021年の初めに、珍しい虹色の雲がNASAの探査車キュリオシティ(Curiosity)の上に現れ、その印象は一変した。

キュリオシティは2021年3月、この真珠色の火星の雲の写真を数枚、地球に送信し、NASAは5月28日にその写真を公開した。画像には、火星の灰色の空に漂うきらめく波のような雲が、沈む太陽の光を散乱させる様子が映っている。

コロラド州ボルダーにある宇宙科学研究所(Space Science Institute)の大気科学者であるマーク・レモン(Mark Lemmon)はNASAのプレスリリースで、「赤や緑、青や紫などの色が現れることに驚かされる」と述べている。

「火星で何かが色鮮やかに輝くのを見るのは本当に素晴らしいことだ」

5frame

2021年3月5日にNASAの探査車キュリオシティが撮影した5枚の写真をつなぎ合わせたもの。真珠層のような虹色の雲が写っている。

NASA/JPL-Caltech/MSSS

火星の大気には水がほとんどなく、大気の濃度は地球のわずか1%程度なので、雲が発生することはめったにない。そのため、雲は主に火星の赤道付近に、火星の軌道が太陽から最も離れた寒い時期に現れる。この次に「遠日点」と呼ばれる太陽から最も遠い位置に到達するのは、2021年7月になる。

キュリオシティは火星の赤道付近にある幅96マイル(約154.5キロメートル)のクレーターを探査中のため、火星が遠日点に近づくと雲が見られるようになる。しかし、1年前の火星(地球では2年前の2019年)では、その雲が科学者たちの予想よりも数カ月早く現れた。

なので2021年は、同じ現象が起きた時のために、NASAのキュリオシティ・チームは準備万端だった。1月下旬に初めの雲が出たときには、すでにキュリオシティは雲を撮影する準備ができていた。雲は3月までキュリオシティの上を漂い続けた。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み