無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルCEO、9月から週3日出社を要請…「ビデオ会議では再現できない」

ティム・クックCEO

アップルのティム・クックCEO。

Roy Rochlin/WireImage/Getty Images

  • アップルのティム・クックCEOは従業員に対して、2021年9月から週3日間出社するよう求めた。
  • アップルの従業員は9月から月、火、木曜日に出社することになる。
  • The Vergeが入手したティム・クックCEOのメールによると、従業員は年に2回、1週間完全に在宅勤務することが認められるという。

アップル(Apple)は従業員に、2021年9月から週3日出勤するように求めた。

The Vergeによると、ティム・クック(Tim Cook)CEOは6月2日に従業員に送ったメールで今回の変更を伝えた。多くの従業員が月曜、火曜、木曜に出社する見込みで、水曜と金曜に出社するかどうかは従業員に委ねるとクックCEOは述べているという。

自宅からのビデオ通話では、出勤時の環境を「簡単には再現できない」とクックCEOは説明した。The Vergeによると「我々が離れ離れになりながらも達成してきたことはあるが、実はこの1年間には重要なものが欠けていた」とクックCEOはメールに書いている。

「ビデオ会議が我々の距離を縮めたことは間違いないが、ビデオ通話では再現できないものもある」

クックCEOはさらに、従業員は1週間フルに在宅勤務する週を毎年2回、好きな時に取得できるとしている。これは「家族や大事な人と過ごすため、気分転換のため、または突発的な移動の必要性への対応など、自分の好きな理由で」取得してよいという。

また在宅勤務にはマネージャーの承諾が必要だとクックCEOは説明している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular