無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


トヨタが福島で「水素社会実現」に向けた社会実装の検討を開始

コネクティッド

社会実装のイメージ。

提供:トヨタ自動車

トヨタ自動車は6月4日、福島県で水素技術を活用した新たな未来のまちづくりに向けた社会実装の検討を開始することを発表した。

このプロジェクトにはトヨタ自動車のほか、3月に協業を発表した日野自動車やいすゞ自動車をはじめ、アサヒグループHDやイオン、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートといったコンビニエンスストアなどもパートナー企業として参画する。

トヨタ自動車のプレスリリースによると、今回の取り組みでは配送用として複数台の燃料電池(FC)トラックを導入。

トヨタが開発するコネクティッド技術による運行管理や水素充てんタイミングの最適化など、各地域の実情に応じたエネルギーマネジメントを実践するとしている。

またこのほかにも、福島県内の各地域のニーズや困りごとへの対応として、FCのキッチンカーやドクターカーの運用、さらには福島県内の店舗や工場などでの水素活用を進めていくという。

トラックでの配送に水素燃料を利用

浪江

浪江町の棚塩地区で稼働中の「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」。

提供:東芝エネルギーシステムズ

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンは2020年12月にトヨタ自動車、日野自動車が開発したFC小型トラックの導入に関する取り組みを発表していた。

ファミリーマートのプレスリリースによると、これまでの取り組みに加えて、2022年度以降に福島県内における配送トラックのFCV化を検討するという。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

北京・上海で計画停電、信号も止まる「電力不足」。優先すべきは経済か環境か…中国が直面する矛盾

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 19, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

karakama_WEO_202110_top

日本経済の悪化ぶりは別次元。最新のIMF「世界経済見通し」が示すアフターコロナの“国際格差”

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Oct. 19, 2021, 07:00 AM
  • 8,532

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み