無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


全国回ってつくった研究者データベース。理系学生の就活問題を解決【POL・加茂倫明2】

POL加茂倫明

撮影:伊藤圭

POL 社長の加茂倫明(26)が生まれたのは1994年。理論経済学を専門とする大学教授の父と大学職員の母の間に育ち、「研究」はいつも身近にあった。父の知り合いの研究者の自宅に連れて行かれて、研究談義を聞くのも、幼い加茂の日常だった。

小学校の文集に書いた将来の夢は「誰にも解けない問題を解ける数学者になりたい」。算数オリンピックにも出場していたが、研究者を志向するというより、“誰にも解けない問題を解くこと”に関心があったのだろう。

父の書棚には起業家やイノベーション研究の本が並んでいた。加茂は「新しい価値を生み出す人」への憧れを膨らませていった。

あだ名は「平成のスティーブ・ジョブズ」

POL加茂倫明

灘中高時代の加茂はラグビーに打ち込み、日々泥まみれになりながら練習した。

提供:POL

受験を経て灘中学校に進学すると、ラグビー部に所属。体格が大きくなかった加茂は、司令塔となるスタンドオフのポジションにつき、相手の意表をつくサインプレーで貢献。体育祭では「応援団の旗は1チーム2本まで」という制限を破るため、棒の両端に旗を縫い付け、クルッと棒の上下を逆さまにすれば2枚目の旗が出てくる仕掛けを編み出して、クラスを沸かせた。勉強の成績よりも、企画のクリエイティビティで存在感を出すことに夢中だった加茂に、同級生がつけた称号は「平成のスティーブ・ジョブズ」。

「日常のささいなことでもなんでも、とにかく人と違う新しいことをして皆を驚かせたいなと考えていました」

「起業家になりたい」という思いが芽生えたのは、高校2年生の時だった。

かわいがってくれた祖父が亡くなり、「命は永遠ではない」ことを知った。限られた命を燃やすに値する生き方をせよと、祖父の死が教えてくれた。

死んでもなおその価値が残る生き方はあるのか——その答えが「起業」だった。本当に世の中のためになる会社をつくれば、その会社はずっと生き続ける。加茂は与えられた命を永遠にするために、起業を志すようになった。しかし、何をするかまでは浮かんでいなかったという。

東大進学、目指すは起業

東大安田講堂

スタートアップを立ち上げる東大生は増えているものの、就職や進学ではなく起業に挑戦する学生はまだまだ少ない。

F. Muller / Shutterstock.com

起業するなら上京したほうがいいと考え、一浪して東京大学に入学。数学が得意だったので理系に進学したが、目標は「起業」。入学してすぐ、インターンシップを募集する企業が集まるイベントに参加した。出展企業の中で一番規模の小さい会社を選んだのは、「社長直下でビジネスを学べる」と期待したから。その熱意は伝わり、新規事業開発の市場リサーチや企画立案の仕事を与えられ、週に1回、社長と膝をつき合わせて事業プランを練る経験を得た。

何度もダメ出しされ、議論を重ね、1年かけて、ウェアラブルデバイス用のコンテンツ事業の企画開発まで進んだ。事業として成立するまでには至らなかったが、濃密なインターン経験により、社長がどれだけ本気で考え抜いて仕事をしているのか、その姿勢を間近で感じ取った。

貪欲に機会を求めていた加茂は、さらにもう1社、新規事業開発ができるインターンに参加。シンガポールに半年間滞在し、ダイエットサポートサービスの開発に携わり、今度はリリースまで立ち会えた。実際に利用した顧客からのコメントを初めて見たときには、「自分の仕事が、世界を変える」という実感をつかみ、感動した。

その後も、さまざまなセミナーに参加してみたりと、加茂は動き続けた。求めていた答えは一つ。「どんな事業で起業するか?」というテーマだ。自分が死んだ後も残したいと思えるテーマを探していた。知らない世界を知り、新たな出会いを重ねれば、その答えは見つかると思っていた。

「勝てる理由」で行き詰まり

リサーチをする中でアメリカには起業家と投資家のマッチングサービスが流行っていると知り、「この日本版があったらいいんじゃないか」というアイデアが浮かんだ。親身になってアドバイスをくれていた個人投資家も誘い、個人間融資で500万円の資本金を準備して2016年9月に会社を設立。加茂が大学3年生の頃に始めたPOLの事業は、当初今とはまったく違う形でスタートしたのだった。

だが結局、このマッチングサービスは正式にリリースされることはなかった。

「突き詰めて考えていくほどに、“自分たちがここで勝てる理由、活かせる強み”を見出せなかった。僕はまだ起業家としての経験もなかったし、投資もしたことがない。本気で実現したいという熱意も持てていなかった。単に『儲かりそう』『流行りそう』では、心を燃やし続けることはできない。強みもパッションもないのならやるべきじゃないと判断しました」

自分の進む道を探すのに夢中だった加茂に、ブレーキがかかった。焦りもあった。しかし、立ち止まったことでこれまで気にしていなかったある風景が見えてきた。強烈な違和感をかき立てる風景が。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み