無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


吉野家アメリカ「破産法適用から苦節40年」飛躍に向け新CEOをヘッドハント。海外店舗数は国内超へ

kawamura_yoshinoya_website

吉野家グループのヨシノヤアメリカは最高経営責任者(CEO)の交替を発表した。

Screenshot of Yohinoya America website

牛丼チェーン大手・吉野家のアメリカ部門、ヨシノヤアメリカは6月3日(現地時間)、最高経営責任者(CEO)の交替を発表した。

2013年から7年半にわたって同社を率いてきたダル・ヴァッセギに替わり、ジョン・ギリアムが就任した。

ギリアム新CEOはスターバックス、スムージー・ジュース専門店「ジャンバ」(2020年夏に日本初上陸)、メキシカンフードチェーン「モーズ・サウスウェスト・グリル」で要職を歴任。

とりわけ直近に在籍したモーズでは、オペレーションとリテールテクノロジー(=小売り支援デジタルソリューション)担当のバイスプレジデントとして辣腕をふるった。

2021年4月に着任済みで、調理・提供プロセスの効率化と顧客体験の向上を目指し、キッチンレイアウト変更のためのテストに着手したという。

kawamura_yoshinoya_gilliam

ヨシノヤアメリカ最高経営責任者(CEO)に就任したジョン・ギリアム。

PRNewsfoto/Yoshinoya America

米専門誌レストラン・ビジネスによると、ヨシノヤアメリカの2020年通期売上高は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、前年比15.5%の減少。ギリアム新CEOは、行動制限の完全解除に向かう移行期の経営再建を担うことになる。

吉野家は2022年2月期(2021年3月〜2022年2月)のグループ経営方針で、アメリカを「成長性の高い戦略的エリア」と位置づけ、「デジタルマーケティングの活用」をテーマに優先投資していく考えを明らかにしている。

それを踏まえると、ギリアム新CEOには特に、リテールテクノロジーに関する知見を期待しているとみられる。

kawamura_yoshinoya_outlook

吉野家の2022年2月期「グループ経営方針」より。海外事業の再成長戦略に関する記載。

出所:吉野家ホールディングス 2021年2月期 決算説明会資料

紆余曲折のアメリカ事業とその将来性

なお、吉野家ウェブサイトによれば、同社のアメリカ進出は1975年。コロラド州デンバーに第1号店舗を出し、牛丼を英語で「ビーフ・ボウル」と称して提供開始した。

1977年には「アメリカ200店構想」を打ち出したが、1980年に日本の本体が会社更生法の適用を申請したことを受け、翌81年にはアメリカでも連邦破産法の適用を申請。規模縮小のうえ、ロサンゼルスで再起をはかるという苦難が続いた。

その後、第2の主力商品として発売した「テリヤキ・チキンボウル」がダイエットブームを背景にブレイク。

1995年には米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースの本拠地(ドジャー・スタジアム)に出店するなど成長を加速。2010年にはヨシノヤアメリカ100店舗を達成した。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み