AGCがファイザー・ビオンテックの「mRNAワクチン」原料を受託製造

ワクチン

ファイザー・ビオンテック製のワクチン。

REUTERS/Carlos Osorio/File Photo

AGCは6月8日、バイオ医薬品の受託製造(CDMO)を手がける子会社AGC Biologicsが、新型コロナウイルスに対するワクチン「Pfizer-BioNTech COVID-19 Vaccine」(日本名:コミナティ)の原材料となる「プラスミドDNA」の製造を受託したことを発表した。

コミナティは、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発したワクチンで、いわゆる「mRNAワクチン」だ。

日本では、2021年2月に国内初のワクチンとして特例承認され、6月7日段階で1600万回以上の接種が完了している。2021年中には、ファイザー・ビオンテック製のワクチンが合計1億9400万回分供給される見込みとなっている。

世界でもその存在感は際立っている。

ファイザー広報によると、6月3日時点で、すでに6億4000万回以上のワクチンを世界中に出荷しており、2021年末までに合計25億回以上のワクチンを製造できる見通しだという。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

お得なプランをみる
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

オンライン化

「ハイリスクハイリターン」な民間出身者が公教育を変えられる理由

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jun. 22, 2021, 11:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み