無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


日本最後発のフードデリバリー「DoorDash」 業界再編の波の中での勝ち筋

日本進出

デリバリーサービスではアメリカ最大手のDoorDash(ドアダッシュ)が6月9日についに日本進出を果たした。

撮影:鈴木淳也

フードデリバリーサービスを展開する米DoorDashが6月9日、日本でのサービスを開始した。仙台市全域をターゲットとし、午前10時から深夜0時までの営業となる。

当初は1都市のみの展開で、業界全体でみれば“最後発”。海外からはすでに多くの同業他社が進出している状態で、過当競争にある段階での日本進出は「何をいまさら」と思うかもしれない。

だが、DoorDashはアメリカにおいてUber Eatsらライバルを押さえて業界トップの地位にあり、Bloomberg Second Measureの調査報告によると、2021年4月時点で売上においてアメリカのフードデリバリー市場の56%のシェアを押さえている。

フードデリバリー

フードデリバリー市場は、コロナ禍で大きく伸びている。

出典:DoorDash

アメリカにおけるフードデリバリー市場は2年前の同時期に比べると3倍近い規模に成長しているが、その原動力となったのは言うまでもなく、2020年春以降のコロナ禍におけるフードデリバリーやテイクアウト需要の急増だ。

それまで、料理の店内提供にこだわっていたレストランも、州政府などの指導による入店規制を受けて一気にデリバリー導入へと傾いた。

当然ライバル同士の争いも激化したが、その厳しい競争を勝ち抜いてトップの座を獲得したのがDoorDashということになる。

今回の日本進出は遅れてきた本命という扱いになるのか、日本におけるフードデリバリーの現状と合わせてみていきたい。

仙台を選んだ理由とローカライズ

仙台から

最初の進出先は仙台市。人口100万人超の大都市でありながら、地形上の理由から都会と郊外の両方の性質を持ち、かつデリバリー普及率が低いというのが理由だ。

撮影:鈴木淳也

アメリカ市場最大手の満を持しての日本進出という流れではあるものの、最初の営業範囲は仙台市のみと1都市に限定されている。

当初1都市のみで、かつ仙台市を選んだ理由として、DoorDash Technologies Japanカントリーマネージャーの山本竜馬氏は以下のように語っている。

「これまでアメリカ外でカナダ、オーストラリアと順に進出してきた経緯を踏まえ、ローカライズの重要性を非常に感じている。

日本固有の文化もあり、それらを学習して基本となるモデルをつくるため、まずは1都市限定でのスタートとなった。

なぜ仙台市になったかという点は、100万人以上の人口を抱える中核の都市でありながら、都会と郊外の両方の特徴を持ち、デリバリー普及率が低いという部分に注目した」

伊達政宗

仙台城跡から伊達政宗公騎馬像を前に都市を望む。仙台市は山間部も含めかなり範囲が広いが、商品を届けられるかは出発地の店舗との位置関係によるという。

撮影:鈴木淳也

海外から日本へと進出するフードデリバリー業者は押し並べて「経済規模や人口に比してデリバリー普及率が低い」という理由を掲げるが、なかでも仙台はその進出候補として有力だとDoorDashは判断したのだろう。

また、ローカライズという部分にも着目したい。

Tony Xu

米DoorDash創業者兼CEOのTony Xu(トニー・シュー)氏のビデオメッセージ。地域経済の橋渡しとなる「絆(Kizuna)」を重視していくという。

撮影:鈴木淳也

サービス開始に合わせて開かれた報道記者会見で、米DoorDash創業者兼CEOのTony Xu(トニー・シュー)氏はビデオメッセージを通じ、「絆(Kizuna)」というキーワードをひんぱんに用いて、「地域経済の橋渡し」となる役割に務めていく点を強調した。

地域固有文化の理解と合わせ、やはりコロナ禍で苦境に立たされて昔なじみの店が少しずつ消えていく状況を踏まえ、地域経済の成長に貢献してこそのサービスであるべきというスタンスだ。

チェーン

全国チェーンを網羅しつつ、地域の店舗とも連携を進める。

撮影:鈴木淳也

当初は全国チェーンなどとの提携が中心となるが、それと合わせて地元ならではの地場チェーンや知る人ぞ知る有名店もある。

山本氏は「具体的にどのように地域での加盟店開拓を行っていくかの手法は手探り状態にあるが、こうした営業に強い事業者などと組んで推進していきたい」と述べており、同社としても積極的に拡充していく構えだ。

仙台名物といえば牛タンが有名で、店舗が市内に存在する。観光客や出張客がフードデリバリーを使うかは難しいところだが、「せっかく仙台まで来たので、せめて弁当だけでも楽しみたい」と、テイクアウトを駆使して名店の料理を楽しむ機会はあるかもしれない。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み