無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


不可解な爆発が太陽の謎を解く鍵になるかも…太陽嵐の発生予測をより早く

2016年3月13日に捉えられた「不発」だった太陽の爆発現象。

2016年3月13日に撮影された「不発」だった太陽の爆発現象。

NASA/Solar Dynamics Observatory

  • 科学者らはこのほど、2016年に発生した分類不能な太陽の爆発現象について研究を行った。
  • この現象は、3種類の爆発現象を結びつけたことから「ロゼッタストーン」と名付けられた。
  • 研究の結果、3種類の爆発現象の起源はすべて同じである可能性が示唆された。

太陽は活動レベルが低い時期以外は、巨大な爆発現象を起こすなど、とても活発に活動している。

これらの爆発現象にはいくつかの種類がある。太陽表面からの物質が細いビーム状に噴出される「ジェット」や、同じ物質が塊となって噴出される「コロナ質量放出(CME)」だ。また、噴出したエネルギーや粒子が宇宙空間まで飛び出さず、太陽に向かって落ちていくこともあり、これは「部分的な噴出(partial eruption)」と呼ばれている。

しかし、2016年3月、アメリカ航空宇宙局(NASA)の科学者らは、これらの分類にうまく当てはまらない爆発現象を検出した。ジェットにしては太すぎるがコロナ質量放出にしては細すぎる、高温の物質の層が噴出されたのだ。その30分後には、同じ場所から「部分的な噴出」が起こって低温のプラズマが噴出したものの「不発」となり、再び太陽に落ちていった。

2021年6月7日に開催されたアメリカ天文学会で発表された新たな論文では、この現象を「ロゼッタストーン(3つの言語が記されていたことでヒエログリフ解読のきっかけとなった石版。情報を解読するための鍵となるものを指すことも)」と呼んでいる。というのもこの爆発が、3種類の爆発現象を結びつけ、さらには同じ発生メカニズムである可能性も示したからだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

矢澤麻里子

働きすぎるのが怖い。「VCとしては尊敬できるけど、奥さんじゃない」と突きつけられた離婚【矢澤麻里子3】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み