無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


超富裕層が蓄財するとその他の人々がどんどん貧しくなる理由

クレジットカード

Crystal Cox/Business Insider

  • 『シカゴ・ブース・レビュー』のレポートでは、富裕層による蓄財と不平等との関連性について考察している。
  • アメリカの富裕層の貯蓄は、一般の世帯に対する融資の原資になっている。
  • 富裕層の貯蓄が増えると、低所得者層の借金が増えるというサイクルはさらに加速される。

『シカゴ・ブース・レビュー』によると、アメリカの富裕層の貯蓄が低所得者層の借金の原資になっていて、それが不平等の拡大に一役買っている可能性があるという。

アミール・スフィ(Amir Sufi)とラドウィック・ストラウブ(Ludwig Straub)、アーティフ・ミヤン(Atif Mian)という3人の研究者が、アメリカの超富裕層の貯蓄が増加していることについて調べたところ、それらの貯蓄は道路建設や研究部門といった「生産的」な投資にではなく、資産額上位1%以外の人々の借金に充てられていたのだ。

2008年の金融危機以前、この超富裕層の預金は、「下位90%の世帯による借金のおよそ3分の1」の原資となっていたという。アメリカでの住宅バブル崩壊以降は、政府の負債を補助する役割が大きくなったものの、低所得者層の負債は依然としてこうした預金で賄われていた。

具体的には、どのような仕組みなのだろうか。『シカゴ・ブース・レビュー』のレベッカ・ストロポリ(Rebecca Stropoli)は、1つの仮説を立てた。企業が富裕層の株主に株式を発行して生み出された収益が、研究や設備に投じられるのではなく、銀行に預金され、銀行はその預金を使って低所得者層の住宅ローンに充当するというものだ。つまり、富裕層が一般のアメリカ人向けの銀行融資を間接的に行っているということになる。

低所得者層が、低金利に煽られたりしてより多くの借金をすると、彼らが自由に使える資金はますます減っていく。

パンデミック時には、富裕層の貯蓄も資産も増加

アメリカ人の個人貯蓄率(収入から支出を差し引いた残りの金額の比率)は、2021年4月には減少したものの、パンデミックの間は全体的に上昇している。しかし『タイム』は、貯蓄率の上昇は全体像を示していない可能性があると報じている。それによると、低所得者層がパンデミック前よりもわずかに下回るレベルで消費を続けていた一方、富裕層はより多くの資産を貯め込んでいったからだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

tmb_china.001-1

中国政府、少子化対策で「宿題禁止令」。幼稚園で円周率100ケタ暗記、重い負担が社会問題に

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Aug. 03, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

若者

22歳が今すべき、7つの自己投資

  • Quora [Q&Aサイト]
  • Aug. 02, 2021, 04:30 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み