無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


女王陛下との面会にサングラス…米大統領は時々儀礼に反することがある

バイデン大統領は、イギリスのエリザベス女王との面会時に王室の儀礼を破った可能性がある。

バイデン大統領は、イギリスのエリザベス女王との面会時に王室の儀礼を破った可能性がある。

Pool / Samir Hussein / Contributor

  • アメリカのバイデン大統領は、6月13日にイギリスのウィンザー城でエリザベス女王に面会した。
  • 大統領は女王に会う際にサングラスをかけていたが、これは王室の儀礼に反する可能性がある。
  • しかし、女王の前で礼儀正しくふるまえなかったのはアメリカ大統領はバイデン氏が初めてではない。

アメリカのバイデン大統領は、イギリスのエリザベス女王との面会時に王室の儀礼を破った可能性がある。

大統領が女王に初めて会ったのは上院議員だった1982年のことだが、今回はG7サミットのために渡英したことから、世界のリーダーとして女王に再会することになった。

バイデン大統領とジル・バイデン夫人は、2021年6月11日に開催されたサミットのレセプションで女王と顔を合わせたが、6月13日にはウィンザー城で女王と正式に面会し、お茶をふるまわれた。

女王との面会時には、お辞儀をしたり、「Your Majesty(陛下)」と呼びかけるなど、王室の伝統に従うことが求められる。

バイデン夫妻は女王にお辞儀をしなかったが、伝統に則って握手はしていない。また、大統領は会談が始まってもサングラスをかけたままだったため、専門家は彼が王室の儀礼に違反した可能性があると指摘している。

バイデン大統領は、エリザベス女王に面会した際、サングラスをかけたままだった。

バイデン大統領は、エリザベス女王に面会した際、サングラスをかけたままだった。

Chris Jackson / Staff / Getty Images

バイデン大統領は、訪問してからずっとサングラスをかけたままだったが、城の中庭で行われた式典で国歌の演奏が始まってからようやくサングラスを外した。

王室のウェブサイトには、女王との面会時にサングラスをかけてはいけないとは明記されていないが、王室の元職員は、伝統を破ったことになるとニューズウィークに語っている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み