無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


3カ月ごとに売上倍増からの急転直下。窮地救った2つの打ち手【タイミー・小川嶺2】

小川嶺

写真:伊藤圭

立教大学在学中に起業。サービスリリース前に1200万円の資金調達。藤田ファンドの復活後出資第一号に。橋本環奈のCMが話題になり、フォーブスアジアの「30UNDER30」に選出……。

ここ数年、タイミーと社長の小川嶺(24)の周辺は常に話題に事欠かなかった。

毎月、前月比130%で成長し、3カ月ごとに売り上げが2倍になる爆速成長を続けていた。月に何本もリリースを出すなど、右肩上がり経営がメディアでもよく取り上げられていた。

コロナでひと月ごとに売上半減

緊急事態宣言

2020年4月に発令された緊急事態宣言下ではほとんどの飲食店が休業。繁華街は閑散とし、失業率も増加した。

StreetVJ / ShutterStock

そんなタイミーがしばらく息を潜めていた時期がある。2020年春から秋にかけてのことだ。

飲食系のバイトのマッチングが7割だったタイミーは、コロナの影響をもろに食らった。

取引先の飲食店では、時短営業を余儀なくされ、閉店も相次いだ。バイトを雇うどころではない。それまで向かうところ敵無しだった小川は、事業計画を大きく見直さなくてはならなくなった。

毎月毎月、売り上げが半減していく。どこまで下がるのか見通しが立たない。タイミーが初めてぶつかった、大きな壁だった。

「売り上げが減る不安だけではなく、自分の無力さに気づいたのがこのコロナの期間でした。これまでタイミーが伸びてきたのは、サービスが時代に後押しされていたからだったのだなということを、まざまざと感じたんです。自分に経営者としての力量があったわけではなく、時流に乗れただけだったんだ。だから、時流に乗れなくなるとこれほどまでに落ち込むんだと痛感しました」

この難局を乗り越えるために、小川は2つの手を打った。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み