無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


2度の挫折。サイバー藤田に学んだ「社長は現場に任せるな」「フクロウの視野」【タイミー・小川嶺3】

小川嶺

写真:伊藤圭

コロナの逆風をむしろ企業成長とサービス拡大の原動力にした、タイミー社長の小川嶺(24)。

これまでの華々しいニュースリリースを振り返るに、若くして順風満帆な起業家人生をスタートしたように思われるが、実はタイミーの起業前に苦い経験をしている。

6人の1年半、奪ってしまった後悔

アパレルサービス

アパレルサービスを共に立ち上げようとした仲間たち。資金調達は目前だった。

提供:小川嶺

それは最初、服を選ぶのが苦手な自分のような人のために立ち上げようとしたアパレルサービスだった。6人の仲間で1年半かけて作ってきたその事業を、小川は資金調達が決まったタイミングで突然たたんだ。

当初は小川の想いが先行してスタートした事業だったが、投資家の顔を見ながら紆余曲折するうちに、ファッション好きの人のためのサービスに変容していた。結果的に、資金調達がゴールになってしまっていたのだ。

ついに調達できるというタイミングになって、小川ははたと我にかえる。

「このお金をもらってしまったら、責任が発生する。このビジネスをずっとやらなきゃいけなくなる。これは、本当に自分がやりたいことだったのだろうか」

悩んだ小川は、仲間にも相談せず、資金調達を“しない”選択をした。

6人の1年半を奪ってしまった申し訳なさと負い目は、今も思い出すのが辛い過去だ。

当時、仲間にどのように説明したのか。記憶は曖昧だという。それくらい、そのチーム解散は小川にも傷を与えた。

解散後、大学の授業に出る気にもなれなかった小川は、日雇いアルバイトを転々とする。そのとき感じた不当な扱いがきっかけで生まれるサービスが、のちのタイミーなのだが、その時の小川はまだそれを知らない。

自分は必要なのか、葛藤

timee

タイミーの事業が軌道に乗ったタイミングで、小川はある「迷い」を抱えていた。

提供:小川嶺

2度目の挫折は、タイミーを起業してからのことだ。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み