無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


中国がチベットで観光開発を奨励…専門家は文化へのダメージを危惧

中国・チベット自治区、ラサにあるポタラ宮前の広場。2020年9月19日撮影。2020年にチベットを訪れた観光客は3500万人だった。

中国・チベット自治区、ラサにあるポタラ宮前の広場。2020年9月19日撮影。2020年にチベットを訪れた観光客は3500万人だった。

Costfoto/Barcroft Media via Getty Images

  • AFP通信によると、中国政府はチベットの経済を発展させるために、農村をホテルやホームステイ先に変えようとしている。
  • 2020年、チベットには多くの観光客が押し寄せたが、そのほとんどが中国国内からの旅行者だ。
  • 専門家がAFP通信に語ったところによると、この動きは、少数民族が住む地域でその文化を再構築するという中国政府がよく行うパターンに当てはまるという。

中国政府は、チベットの村人に北京語を教え、牧夫や農民の家をホテルにすることを支援し、その地域での観光収入の増加につなげようとしていると、AFP通信が2021年6月16日に報じた

2020年、チベット自治区の人口の10倍にあたる約3500万人の観光客が同地域を訪れ、そのほとんどが中国国内からの旅行者だった。外国人観光客数は、2019年で27万人とまだ少ないという。

観光客増加に向けた取り組みの一環として、中国政府は地元の人々に北京語を教える「文化研修」を行っているとAFP通信は報じた。

チベットは、中国の中央政府に抵抗してきた歴史を持つ政治的にセンシティブな地域だ。そんなチベットと中国の文化的ギャップを埋めようとする動きは、チベットの伝統や文化を奪うものだと見る人もいる。

ロンドンにある東洋アフリカ研究学院のロバート・バーネット(Robert Barnett)は、「チベット文化が、高度に管理されたマス・ツーリズムに組み込まれることで失われてしまうのではないかと、非常に憂慮している」とAFP通信に語っている。

「だが、それを見分けるのは困難だ。もちろん、観光地化を推進することでチベット人に利益がある。そして、ダメージの方が数値化するのが難しい」

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

若者

22歳が今すべき、7つの自己投資

  • Quora [Q&Aサイト]
  • Aug. 02, 2021, 04:30 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み