無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


台湾・蔡政権「日本の支援に感謝」も、支持率急落の理由。ワクチンめぐる不協和音

okada_taiwan_vaccine_tsai

中国との対立をあおって高い支持率を維持してきた台湾の蔡英文政権だが、コロナ感染拡大で生命の危機に瀕する市民から「生命より政治を優先するのか」と強い反発を浴びている。

REUTERS/Ann Wang

新型コロナ感染拡大の抑制で「優等生」とされてきた台湾で、5月に感染が急拡大。対策の不備とワクチン接種の遅れが政治問題化し、これまで高い支持率を誇ってきた蔡英文総統の支持率が3割台まで急減している。

日本が無償提供したワクチンについても、「社会的不公平」を生む要因になるとの批判があがり始め、一方で接種後に複数が死亡したと報じられるなど、ハレーションを起こしている。

台湾「ワクチン不足」の経緯

台湾は、世界各地で感染拡大が本格化した2020年5月末以降も「感染者数400人台、死者数1桁」を維持してきた。

ところが、2021年5月中旬、チャイナエアライン(中華航空)のパイロットが宿泊したホテルでクラスターが発生。

台北市、新北市など北部の大都市を中心に感染が一気に広がり、6月17日(15時30分)現在の累計感染者は1万3584人、死者497人(台湾中央流行疫情指揮センター調べ)にのぼっている。

感染を長期抑制できたことが、皮肉にもワクチン調達の遅れを招いた。

台湾当局は感染拡大後、英アストラゼネカと米モデルナに計数百万回分のワクチンを発注しているが、届いたのはわずかに70万回分。全人口2400万人に接種するには全然足りない。

蔡政権は、台湾の製薬会社メディジェン・ワクチン・バイオロジクス(高端疫苗生物製剤)が開発中のワクチンが「7月にも接種可能になる」と市民に期待を抱かせる一方、中国からのワクチン無償提供の申し出を2度拒否した。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み