無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


企業は労働者の感情まで管理する…入退室や文書印刷などに「笑顔認証」システム

キヤノン中国では、文書を印刷する際には「笑顔認識」装置に向かって明るい表情を作らなくてはならない。

キヤノン中国では、文書を印刷する際には「笑顔認識」装置に向かって明るい表情を作らなくてはならない。

Canon Information Technology

  • キヤノン中国は、顔認証の技術に「笑顔認識」機能を搭載している。
  • オフィスへの出入りしたり、会議室の予約をしたりするためには、社員はこの装置に笑顔を見せなくてはならない。
  • こうした技術は、雇用主が労働者を監視し、規制するという大きなトレンドの一部となっている。

キヤノン中国(Canon Information Technology)の北京オフィスでは、社員が単にオフィスにいるというだけでは充分ではなく、笑顔でいなくてはならない。

日本の映像機器製造メーカー大手、キャノンの子会社である同社は、キーカードの代わりに顔認識を使用するAI搭載の職場管理システムに、2020年には「笑顔認識」機能を導入した。

これにより、社員はオフィスへの出入りや、会議室の予約のために、装置に向けて笑顔を見せなくてはならなくなった。

キヤノン中国の広報担当者は「このシステムの笑顔検出設定を『オン』にすることで、社員が明るい雰囲気になればいいと考えていた」と語っている

「多くの人は恥ずかしがってなかなか笑顔を見せないものだが、オフィスで笑顔を見せることに一旦慣れてしまうと、システムがなくても笑顔を絶やさず、ポジティブで生き生きとした雰囲気を作り出せるようになった」

笑顔認識技術は、キヤノン中国の「佳創空間(スマートオフィス)」システムの基礎を成すものだ。同社ではこのシステムを用いて社員の体温測定や来客の登録も行われており、自然な流れとして、文書を印刷する際にも用いられるようになった。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

若者

22歳が今すべき、7つの自己投資

  • Quora [Q&Aサイト]
  • Aug. 02, 2021, 04:30 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み