無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


高学歴高収入な働きすぎ女性が照準。4億人170兆円の中国版ウーマノミクス市場

tmb_china.001

Maridav/Shutterstock

「ウーマノミクス(女性と経済)」に相当する言葉が中国にもある。「她(Ta)経済」、直訳すれば「彼女(She)経済」となり、女性の経済力や消費力を示す言葉だ。

ただ、中国が以前から共働き社会ということもあり、「她経済」は日本のウーマノミクスと違って「女性が活躍するための課題解決」「ジェンダー」などの社会的な意味が薄く、「消費の価値観」「消費力」に特化したマーケティング要素が非常に強い。

中国の消費を分析する上で重要度が劇的に高まっている「中国版ウーマノミクス」を概観したい。

アリババ、女性管理職比率は3割超

milk4-e1575968298553

北京市のミルクティーショップでドリンクを飲む女性。人気店は2時間待ちのこともある。

撮影:浦上早苗

她経済という言葉が初めてメディアに登場したのは10年以上前だ。教育部(文部科学省に相当)が2007年に新語の一つとして発表し、注目された。

「仏系青年」「おたく」など、中国の流行語・新語は日本由来のものも少なくない。ウーマノミクスが日本で提唱されたのは1999年。她経済も元をたどれば日本から輸入された可能性がある。

中国は長年、夫婦共働きが基本だったため、「女性活躍」「女性の社会進出」やそれに伴う「男性の家事・育児参加」は当たり前すぎてさほど論じられなかったが、それでも、経済成長や一人っ子政策で女性の大学進学率が上昇し、社会的地位やキャリア志向も急速に底上げされ、美容やスイーツなど女性向け市場が急拡大しているという実感があったからこそ、このような言葉が生まれたのだろう。

そして2010年代後半に入ると、ファーウェイやアリババ、バイトダンスなどメガIT企業の社員が、先進国並みの給料を得るようになる。そうした企業では女性の登用も進み、アリババは、女性社員比率が5割近く、管理職の女性比率も3割を超える。

特にこの3~4年は高学歴、高年収、情報感度の高い女性が一定の規模に達し、単に消費を押し上げるだけでなく、新しい分野の成長を左右する存在とみなされ、「她経済」は「Z世代」と肩を並べるマーケティングの重要キーワードになった。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み