無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大統領側近の子どもがホワイトハウスで職を得ている…倫理の専門家が苦言

ホワイトハウスは、ジョー・バイデン大統領が「この職に就いた誰よりも高い倫理観を持っている」と主張している。

ホワイトハウスは、ジョー・バイデン大統領が「この職に就いた誰よりも高い倫理観を持っている」と主張している。

Getty Images

  • ジョー・バイデン大統領の側近の子どもや親族が、政権内で仕事を確保している。
  • ワシントン・ポストによると、バイデン政権の幹部の少なくとも5人の子どもがホワイトハウスで働いているという。
  • 大統領顧問のスティーブ・リケッティは、3人の子どもがバイデン大統領の下で働いているという。

ワシントン・ポストによると、ジョー・バイデン(Joe Biden)大統領の側近の子どもや親族の何人かが、ホワイトハウスでの仕事を確保している。

同紙によると、バイデン大統領の側近の子どもが少なくとも5人は政権内で働いているという。

倫理や多様性の専門家は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)前大統領時代のホワイトハウスで見られたような縁故主義の継続ではないかと懸念を示していると、ポスト紙は伝えている。

2013年から2017年までアメリカ政府の倫理局局長を務めたウォルター・シャウブ(Walter Shaub)は、「トランプが(娘婿の)ジャレッドや(娘の)イヴァンカを起用したような、自分の息子や娘を政府のトップポストに起用するほどではないかもしれないが、やはりいいこととは言えない」と述べている。

「『トランプほど悪くない』を基準にしてはいけない」

最近、バイデン大統領が信頼する側近の息子がホワイトハウスに採用された。ポスト紙によると、2020年に大学を卒業したJ.J.リケッティ(J.J Richetti)は、大統領顧問のスティーブ・リケッティ(Steve Ricchetti)の息子で、立法事務局(Office of Legislative Affairs)の特別アシスタントとして採用された。

リケッティの他の2人の子どもたちも、政権内で仕事をしている。長男のダニエル(Daniel)は、軍備管理・国際安全保障担当国務次官室でシニアアドバイザーを務めている。長女のシャノン(Shannon)は、ホワイトハウスの社会秘書官の副アソシエイト・ディレクターを務めている。

また、ホワイトハウスのブルース・リード(Bruce Reed)補佐官の娘、ジュリア(Julia)は、バイデン大統領のスケジュール管理者として働いている。

また、ホワイトハウスの大統領人事局局長であるキャシー・ラッセル(Cathy Russell)にも、政権に雇用されている子どもがいる。ポスト紙は、ラッセルの娘であるサラ・ドニロン(Sarah Donilon)がホワイトハウスの国家安全保障会議に勤務していると報じている。また、ラッセルの義理の兄弟であるマイク・ドニロン(Mike Donilon)は、バイデン大統領の上級顧問を務めている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

北京・上海で計画停電、信号も止まる「電力不足」。優先すべきは経済か環境か…中国が直面する矛盾

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Oct. 19, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

karakama_WEO_202110_top

日本経済の悪化ぶりは別次元。最新のIMF「世界経済見通し」が示すアフターコロナの“国際格差”

  • 唐鎌大輔 [みずほ銀行チーフマーケット・エコノミスト]
  • Oct. 19, 2021, 07:00 AM
  • 16,103

Popular