無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ジェフ・ベゾスは宇宙飛行士になるのか…どこから「宇宙」かは諸説ある

ジェフ・ベゾスは宇宙飛行士なのか

ブルーオリジンの創業者、ジェフ・ベゾスは、おそらく宇宙飛行士になる。

Isaiah J. Downing/Reuters

  • ブルーオリジンは創業者のジェフ・ベゾスが2021年7月、宇宙飛行を行うと発表した。
  • 彼は、宇宙との境界線であるカーマン・ラインを超えることになる。
  • だが学者や専門家によれば、どこからが宇宙の始まりか、まだ合意は得られていない。

ブルーオリジン(Blue Origin)の創業者、ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)は2021年7月、宇宙に飛び立ち、民間宇宙旅行の新時代の到来を告げるとともに、誰が宇宙飛行士と名乗れるのかという疑問を投げかける。

搭乗チケットの代金を支払う人は、宇宙飛行士とみなされるのか。それとも、パイロットや科学者のための肩書なのだろうか。

「我々は初期段階にあり、誰が宇宙飛行士かという議論はまだ起きていないようだ」と、スペースX(SpaceX)の最初の事業開発担当バイスプレジデントで、現在はファントム・スペース(Phantom Space)のCEOを務めるジム・カントレル(Jim Cantrell)は述べた。

「そのような議論は、時間の経過とともに発展していくと思う」と、彼は語った。

また、宇宙はどこから始まるかという議論も続いている。一般的な境界線は、海面から62マイル(100km)上空にあるカーマン・ラインだ。

「本来、この100kmの境界線を超えると大気が希薄になり、通常の航空機は飛行を維持するのに十分な揚力が得られなくなる」と、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの物理学・天文学部門の責任者、ラマン・プリンジャ(Raman Prinja)はEメールで答えた。

だが、学者や政府、経営者などは、どこで地球の大気圏が終わり宇宙が始まるのか、その定義について聞かれると異なる高度を主張することがある。いくつかの宇宙旅行開発企業は、カーマン・ラインより低い位置に達するだけで「宇宙の端」を飛行するとうたっている。

一方、NASAは、宇宙は上空50マイル(約80km)から始まると述べており、つまりアメリカ政府の見解では、この高さを超えた人は誰もが宇宙飛行士となる。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

矢澤麻里子

働きすぎるのが怖い。「VCとしては尊敬できるけど、奥さんじゃない」と突きつけられた離婚【矢澤麻里子3】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み