無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


物流の需要爆増が3年後の倉庫を変える:進む「空調付き」「ロボット化」

amazon

ピックアップロボットや、無人搬送機が人間とともに働く、アマゾンのフルフィルメントセンターの様子。こうした自動化の風景は日本でも増えるかもしれない。

REUTERS/Clodagh Kilcoyne

ECシフトで需要が爆発する物流業界はどう変わっていくのか? 物流を担う事業者の投資戦略が垣間見えるレポートを、事業不動産サービス大手のCBREが取りまとめた。

CBREのレポート「物流施設利用に関するテナント調査2021」では、国内で物流施設を利用する企業239社(物流170社、荷主69社)を対象に、今後の見通しと、投資分野などの回答を集計している。

このレポートには、とりわけ興味深い回答が3点ある。

働く場所としての「倉庫」にもDXと快適性を

コロナを経て、Eコマース(EC)の需要が様変わりしたことは、これまでも各種の調査や、森永氏のコラムなどでもお伝えしてきたとおりだ。JCB消費NOWの消費指数でも、2020年1年間を通してEC分野は20%以上のびた。

後述するが、基本的に物流企業は倉庫面積を「拡大」させると答えていて、減少すると回答した企業はゼロ。迷うことのない拡大路線をとっている。

そんな需要拡大局面で、今後の「倉庫の要件の変化」として、回答者が最も増加すると見込んでいるのは「空調付き施設の需要」、つまり快適な倉庫へのさらなるシフトだった。

airconditioning

一番下の「空調付き施設の需要」が大きくなると答えた企業が最多になった。

出典:CBRE「物流施設利用に関するテナント調査2021」より

CBREはレポートのなかで「物流業界では、倉庫内作業が増えるにしたがって、雇用確保が重要な課題になっており、いわば従業員ファーストの姿勢が鮮明となっている」と業界の状況を伝えている。

人的労働力が必要な多くの産業が抱える「働き手不足」。

夏場に暑く、冬場には寒い、という物流設備の労働環境も、業界の危機感が後押しして変化していることがうかがえる。

今後3年の「拡大路線」は荷主より物流企業が積極的

CBRE_souko_menseki

物流企業と荷主企業では、倉庫面積の拡大路線に明確な温度差がある(赤線部分は編集部が追加)。

出典:CBRE「物流施設利用に関するテナント調査2021」より

消費のECシフトによって、物流の需要拡大は著しいが、どの程度の拡大戦略を検討しているのか。CBREの調査では、荷主と物流企業とで、拡大路線への意識差があることも見えてくる。

倉庫面積を10%以上拡大すると答えたのは、物流企業で37%に達したのに対し、荷主企業は17%にとどまった。

今後3年間の事業環境についての質問では全体の64%が「大幅、またはある程度改善」と回答していることから見ると、ひとくちに物流にかかわる企業といえども、業種ごとの温度差がある。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

若者

22歳が今すべき、7つの自己投資

  • Quora [Q&Aサイト]
  • Aug. 02, 2021, 04:30 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み