無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アマゾン、トラック自動運転システムを発注…開発会社の買収も視野に

Plus semi truck

Plus

  • アマゾンは、スタートアップ企業「プラス」の自動運転システムを発注したと報じられている。
  • 最新の提出書類によると、契約にはアマゾンがこのAIスタートアップ企業の株式を購入するオプションも含まれているという。
  • プラスの自動運転技術は、AI関連技術に注力するアマゾンの方針と一致している。

アマゾン(Amazon)は、自動運転技術を開発するスタートアップ企業から1000台分のトラックの自動運転システムを購入することで合意したと、ブルームバーグが報じた

自動運転システムのスタートアップ企業である「プラス(Plus)」は、トラック向けのAIベースのソフトウェアを開発しており、2021年6月21日付の提出書類によると、Eコマース大手のアマゾンに株式購入のオプションを提供することで合意に達した。

今回の契約には、アマゾンはプラスの優先株を最大4億2070万2410株まで、1株あたり約0.47ドル(約52円)で購入できることが含まれており、これは同社株式の20%に相当する。仮にアマゾンがこの株を最大限に購入すれば、2億ドル(約220億5500万円)に近い投資となる。

アマゾンの広報担当者はブルームバーグの報道について、提出書類に記されたこと以外にInsiderにはコメントをしておらず、プラスの広報担当者もコメントを控えている。

カリフォルニア州に本拠地を置くプラスは、無人運転の実現に向けて取り組む数多くの企業の一つだ。今回のプラスとアマゾンとの提携によって、最終的にはアマゾンは人間のドライバーを必要としなくなるかもしれない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み