無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


イーロン・マスクのボーリング社、貨物輸送用のより大きなトンネルを計画

シールドマシン

ボーリング・カンパニーのホーソン試験トンネルの除幕式で展示されている掘削機械。アメリカ、カリフォルニア州ホーソーンで。2018年12月18日。

Robyn Beck/Pool via REUTERS

  • イーロン・マスクのボーリング・カンパニーが、現在の約3.7メートルよりも広いトンネルの建設を検討中と報じられている。
  • ブルームバーグによると、プレゼンテーションでは約6.4メートルのトンネルに輸送コンテナが2つ並んでいたという。
  • 専門家は、この変更は実現可能ではあるが、プロジェクトのコストは大幅にアップするだろう、としている。

イーロン・マスク(Elon Musk)の掘削スタートアップ、ボーリング・カンパニー(Boring Company)が新たに幅の広いトンネルを企業に売り込んでいることが、ブルームバーグ(Bloomberg)が入手したプレゼンテーション資料で明らかになった。

それによると、この新トンネルは直径21フィート(約6.4メートル)で、現在の規格の12フィート(約3.7メートル)より広く、標準サイズの輸送コンテナを2つ並べて通すことができる広さだという。

Insiderは確認のためコメントを求めたが、ボーリング・カンパニーからの回答はなかった。

メディアの多くがボーリングは旅客輸送に注力していると報じているが、同社はウェブサイトに、現在の12フィートのトンネルを使った貨物輸送ソリューションについても掲載している。それによると、専用の輸送プラットフォームに高さ9.6フィート(約2.9メートル)の輸送コンテナが「ギリギリ」収まるとしている。

より大きなトンネルのプレゼンテーションでは、コンテナ1つ用と2つ用、各サイズのバッテリー駆動式輸送機が紹介されている。専門家らはブルームバーグに対し、このアイデアはコスト面がうまくいけば成功するだろう、と語った。

ワシントン大学のサプライチェーン輸送・物流センター(Supply Chain Transportation & Logistics Center)の創設者、アン・グッドチャイルド(Anne Goodchild)は、このコンセプトは「完全に実現可能」だとしながらも、やはり地上の道路の方がトンネルと比較して低コストで魅力的だと述べた。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み