無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


グーグルは競合製品が登場するまで、新製品を「パントリー」に置いておく

グーグルは競合他社が動くまでは静観する

2016年の開発者会議「Google I/O」に登場した、アルファベットとグーグルのCEO、サンダー・ピチャイ。

Justin Sullivan/Getty Images

  • グーグルは、競合企業が行動を起こすまで新製品を伏せておくことがよくあるという。
  • グーグルの現役および元幹部が、同社CEOが大きな決断に苦心することが多いと、ニューヨーク・タイムズに語った。
  • ある元幹部は、同社のリスク回避が革新に対する障害になっていると、ブログに投稿した

ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、グーグル(Google)は社内で「パントリー(貯蔵庫)・モード」と呼ばれる研究開発戦略を取っているという。新製品を作ったとき、競合企業が対抗すべき新製品や類似品を発表するまで、それを伏せておくという。

グーグルは売り上げと利益が急増しているが、同社の現幹部と元幹部はNYTに対し、「パントリー・モード」はサンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)CEOが最適なタイミングで重要な決定を下すことに苦心していることに関連していて、同社のリスク回避的な企業文化を表していると述べた。

NYTによると、ピチャイCEOのリーダーシップのスタイルでは、同社の経営陣はピチャイの承認なしで多くの決定を下せる。これを「自分」の欠如と見る従業員もいれば、世間の評判を気にして行動が起こせないと捉える従業員もいるという。

同社広報にコメントを求めたが、回答は得られていない。だがNYTではピチャイのリーダーシップのスタイルについて同社幹部が語っており、社内調査では従業員はピチャイについて高く評価をしているという。

ピチャイの下でグーグルは研究開発費を増やしている

どの製品やサービスに「パントリー・モード」戦略が使われていたかは分からないが、同社はピチャイがCEOに就任して以降、新製品の研究開発に多くの資金を投下してきた。

ピチャイは2015年にCEOを引き継ぎ、それ以来、同社の研究開発費は毎年増加している。グーグルの親会社で、ピチャイが2019年末にCEOに就任したアルファベット(Alphabet)は、2020年の研究開発費に275億7000ドル(約3兆円)を投じている

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み