無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


なぜ米アマゾンの倉庫労働者はすぐに辞めるのか…現・元従業員が証言

アマゾンの労働者はなぜ燃え尽きるのか

ニューヨーク州スタテンアイランドにあるアマゾンのフルフィルメントセンターで働く従業員。

Ben Gilbert/Business Insider

  • アマゾンでは時給制の従業員があまりに短期間で辞めてしまうため、同社幹部は人手不足を懸念していると、ニューヨーク・タイムズが報じた
  • Insiderは、アマゾンの現従業員と元従業員6人から、離職率が高い理由について話を聞いた。
  • 6人全員が監視体制、単調な仕事、疲弊感など、同じような問題点を挙げている。

ニューヨーク・タイムズの記事によると、アマゾンはフルフィルメントセンターと呼ばれる倉庫で働く従業員を何十万人も雇用してきたが、彼らは雇用されるのと同じスピードで辞めていっている。

記事によると、2020年7月から10月にアマゾンに雇用された従業員35万人以上の多くが、わずか数日から数週間で退職したという。アマゾン倉庫で働くミシガン州のある従業員は、「私が知っているほぼ全員が、別の仕事を探している」とInsiderに語った。

Insiderは、アメリカ国内のフルフィルメントセンターで働く現従業員と元従業員6人に、同社の離職率が高い理由について聞いた。6人全員が、単調な仕事、生産性に関する監視体制、疲弊など、同じような問題点を挙げた。彼らは匿名を希望しているが、Insiderでは彼らの身元と雇用記録について確認している。

「同時期に仕事を始めたグループの中で、私が誰よりも長く残った」と、2020年9月から10月にフルフィルメントセンターで働いていたワシントン州の元季節従業員は話した。「私と同時に雇用された23人は、2週間ももたなかった。私が最後に残った1人だった」

彼らは、特に離職率が高い仕事として、注文された商品をピックアップし、箱に詰めて、トラックに積む「ピッカー」などのエントリーレベルの仕事を挙げた。「非常にうんざりする仕事で、やりたい人は誰もいない」と、ミシガン州のある従業員は話した。

アマゾンの労働者はなぜ燃え尽きるのか

ニューヨーク州スタテンアイランドにあるアマゾンのフルフィルメントセンターで働く従業員。

Ben Gilbert/Business Insider

「ピッカーは、1回のシフトで4000点の商品の梱包を求められる。30分の休憩を2回挟んで10時間缶詰め状態になる」と彼らは語った。

「最初は体が痛くなるが、これくらいは大丈夫だと思うだろう。だが、ここで週4日働くことを想像してほしい。4000点をピックアップするという同じことを何度も何度も繰り返す。とても疲弊する仕事だ」

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み