無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカには世界で最も多くの超富裕層がいる…少なくとも2025年までは

US NY

Westend61/Getty Images

  • ボストン・コンサルティングは、2025年まではアメリカが最も多くの超富裕層を抱える国であると発表した。
  • 2029年には、中国が10.4兆ドルの超富裕層資産を擁し、アメリカを追い抜くと予測している。
  • アメリカの超富裕層の多さに、民主党の中には富裕層税の導入を求める声もある。

アジアの人々が裕福になっている一方で、アメリカは超富裕層が最も多い国であることを維持しており、それは2025年まで続く可能性が高いと考えられている。

経営コンサルティング会社のボストン・コンサルティング・グループ(The Boston Consulting Group)は、2021年6月初め、世界の資産がどのように分布していて、今後はどのように変わるかを分析した「グローバル・ウェルス・レポート2021(Global Wealth Report of 2021)」を発表した。それによると、純資産が1億ドル(約110億円)を超える個人で構成される「ウルトラ・ブラケット(ultra bracket)」は現在6万人、彼らの投資可能な資産の合計は22兆ドル(約2441兆4500億円)で世界の15%を占めている。

その超富裕層(ultra-high-net-worth individuals/UHNWI)の大半はアメリカに居住しており、レポートには、「アメリカはこれまでと同様、UHNWIの集中度において頂点に位置している」と記されている。

レポートによると、アメリカのUHNWIの数は、2025年には2020年と比べて36%増の約2万8000人となる。一方で中国は1万3600人、インドは1400人と超富裕層の数がほぼ倍増するとしている。

特に中国は10年以内にアメリカを追い越す勢いで、現在の年率13%の成長が続けば、2029年までに10.4兆ドル(約1153兆9632億円)の資産を抱えることになるという。アメリカは同年には9.9兆ドル(約1098兆4396億5000万円)になると見られている。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み