無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


100年先を見据えた「天然水の森」づくり。サントリー山田健氏に学ぶサステナビリティ

(左)サステナビリティ推進部チーフスペシャリスト・山田健氏。森で葉の形を見て、木の同定をしている。この木はカエデの一種のチドリノキだ。(右)奥大山にある天然水の森。

(左)サステナビリティ推進部チーフスペシャリスト・山田健氏。森で葉の形を見て、木の同定をしている。この木はカエデの一種のチドリノキだ。(右)奥大山にある天然水の森。

画像提供:サントリー

2030年のSDGsの目標達成を目指し、企業がそれぞれの取り組みに力を入れている。そのなかで、100年先の環境を見据え、水源林の整備活動を牽引しているのがサントリーだ。森林再生のプロジェクト「天然水の森」は、企画構想から含めると20年以上も続く活動で、会社だけではなく社会をも動かすほどのモデルとなっている。

興味深いのは、この活動の立役者がコピーライター出身の社員であったということ。事業の生命線である地下水を保全すべく森林の再生を目指す理由や、チームビルディング、そして活動の原動力となる仕事の哲学について、同社サステナビリティ推進部チーフスペシャリスト・山田健氏に話を聞いた。

「二足以上のわらじ」が後に活動を助けることに

コピーライター時代の山田健氏。フランス・ブルゴーニュ地方の蔵元で、当時編集をしていた世界のワインカタログの取材をしているところ。

コピーライター時代の山田健氏。フランス・ブルゴーニュ地方の蔵元で、当時編集をしていた世界のワインカタログの取材をしているところ。

画像提供:サントリー

1978年にコピーライターとしてサントリーに入社した山田氏は、1980年代の華やかな広告業界を知る世代だ。

広告制作の他にもさまざまな仕事に関わってきた。たとえばワインの新聞広告を制作しながら、ワインカタログの編集長を務め、世界中の銘醸地を訪ねては年間2,000ものテイスティングノートを作成。6冊ものワイン本を出すほど造詣を深めた。また、サントリーが持つ音楽財団(現芸術財団)が発行する音楽雑誌の編集長を務め、企画からアレンジ、原稿依頼、記事執筆までを一人でこなしたこともあった。

入社して会社の先輩に言われたのは『二足以下のわらじは履くな』ということ。コピーライターはいつクビになるかわからないんだからという親心だったかもしれませんが(笑)、その教えを忠実に守って、いろいろやりました」

当時は多忙を極めたが、「今思えば、自分では絶対に開けない扉をたくさん開かせてもらった」と山田氏。「強制的と感じるかいい機会を与えられたと感じるかで、人生は大きく変わる」という氏の言葉には説得力がある。

入社以来、広告や製品企画を多く手掛けたワインやウイスキーからジャンルを変え、ビールや清涼飲料水に関わるようになったことが、のちにつながる大きな転機となる。2000年ごろのこと、ちょうど「天然水の森」の企画が始まった年だ。

良質な地下水を。手探りで始めたプロジェクト

全国21か所にある「サントリー天然水の森」の一つ、奥大山の美しい渓流。

全国21か所にある「サントリー天然水の森」の一つ、奥大山の美しい渓流。

画像提供:サントリー

「天然水やビールを仕込む水について調べるなかで、サントリーがいかに地下水に依存している会社かを知りました。ミネラルウォーターはもちろんですが、ビール、ウイスキーなどの味も、水によって決まります。製品に使用する地下水について、きちんと知っておかなければならないと感じたんです」

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み