無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ミスター・トイレ」シンガポールの社会起業家が始めた、貧困問題解決のためのビジネスとは?

社会起業家 ジャック・シム氏

画像提供:MASHING UP

誰もが労働に対し十分な対価を得られ、豊かな生活が送れるような社会は、どうしたら作れるのか。

2021年3月18・19日にMASHING UP SUMMIT 2021がオンラインで開催された。今回のイベントのテーマは「SDGs達成のためのイノベーション」。キーノートスピーチは、貧困をなくすためのビジネスを支援する、シンガポールの社会起業家ジャック・シム氏が行った。

「ミスター・トイレ」として知られる社会起業家

シム氏は建設資材の製造・販売や不動産など、いくつものビジネスを成功させ経済的自立を果たし、40歳の時に「人生の残り時間を有効に使いたい」と、社会課題解決のために働くことを決意する。

まず始めたのが、世界中にトイレを普及させる活動だ。水質汚染や、感染症、女性への性暴力など、トイレがないために生まれる問題は数多い。これを解決するため、2001年にWTO(World Toilet Organization)を設立。2013年には国連で「世界トイレの日」が制定されるなど大きなムーブメントとなり、シム氏はTIME誌など各国メディアから「ミスター・トイレ」として注目される。

シム氏はさらに活動の幅を広げ、貧困問題の解決に向けたビジネスをサポートする「BoPハブ」を立ち上げた。BoPとはBase of the Pyramidの略で、世界の経済ピラミッドの最下層に置かれている40億人もの人々を指す。1日の収入が10ドル未満のこれらの人々がもっと稼げる仕組みを作るために、起業家、研究機関、NPOなどを繋いだり、事業支援を行っている。

世界人口の半数は正規市場の外にいる

社会起業家 ジャック・シム氏

ジャック・シム氏は、シンガポールからリモートでメッセージを送ってくれた。

画像提供:MASHING UP

貧困問題を解決するための方法について、シム氏は次のように語っている。

世界人口78億人のうち、正規の市場経済に組み込まれているのは半数に過ぎません。私たちが食べる米や小麦、コーヒー豆などを作っている人たちや漁師たちは、わずかな収入しか得られず、貧困生活を強いられています。

生産者たちは大きなマージンを取られています。けれども、最新テクノロジーは直接販売を可能にしました。加工手段を持っていれば、さらに有利です。コーヒー豆を挽いて粉にしたり、唐辛子をチリソースに製品化できれば、利益を増やせる。生活に余裕ができ、購買力が上がります(シム氏)

対等な取引を増やせば、世界の中間層の厚みが増す。40億人もの新たな消費者を、正規市場に呼び込めるとシム氏は指摘する。

人口減少で縮む先進国のマーケット

日本を含む多くの先進国では少子高齢化が進んでおり、このままではマーケットが縮んでいくばかりだ。製品やサービスを買ってくれる新たな顧客を得るためにも、正規経済の外にいる人々を取り込む必要がある。

貧困層にはあらゆるものが不足している。まずは、きれいな飲み水やオフグリッドでの発電を可能にする太陽光パネルなどの生活必需品を行き渡らせる必要がある。そして効率的に稼げるようにし、日々生きていくのがやっとという生活から、未来への夢を描ける余裕を持てるようにしていかなければならない。

「電動ポンプを使った灌漑(かんがい)農法で収穫量を増やし、それによって得られたお金で子供を通わせることができます。家族のためにもっと広い家を建てたり、老いた両親の医療も充実できる。ビジネスによって生活の質が上がり、より平等な社会を作ることができます」(シム氏 )

SDGs達成の早道はチャリティではなくビジネス

ジャック・シム氏が立ち上げた貧困問題の解決に向けたビジネスをサポートする「BoPハブ」のサイト。

ジャック・シム氏が立ち上げた貧困問題の解決に向けたビジネスをサポートする「BoPハブ」のサイト。

BoPハブのWebサイトより

「SDGs達成の早道はチャリティではなくビジネス」。効率的な市場こそが貧困問題を解決するとシム氏は強調する。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み