無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ビジネスで対人スキルに悩む人が読むべき必読書、3冊

デール・カーネギーの著書『人を動かす』・

デール・カーネギーの著書『人を動かす』・

Shutterstock/TongRoRo

ビジネスオーナー(起業家・経営者)は、常に新しい知識をインプットすることが求められる。その情報の多くは本から得ていることが多いだろう。

Q&Aサイト「Quora」のスレッドの中では、ビジネスオーナーにお勧めしたい本が語られている。Business Insider Japanでは、それらの回答の一部をQuoraの協力を得てまとめた。

回答はコンピューターサイエンティストとして活動しているクリス・バスカービル(Chris Baskerville)氏が答えたものを翻訳家の三浦真弓氏が翻訳したものを編集した(邦訳書影は翻訳者による追加)。


The Magic of Thinking Big(邦訳『大きく考えることの魔術』ダビッド・J. シュワルツ博士 - 1959年刊)

大きく考えることの魔術

大きく考えることの魔術

タップするとアマゾンに遷移します。

著者のシュワルツは、人を気後れさせる最大のものは、その人の思考の相対的な小ささだ、と主張している

あなたが思考する中身こそが、あなた自身だ。それを可視化することができれば、すべてのものの価値を高めることができる。

大きく考えることは、現状を見るだけではなく「可能性」を探ることの訓練にもなる。私が知っているビジネスで最も成功している人たちの何人かは、少なくとも年に一度、普通は年の初めにこの本を読んでいる。

Personality Plus(未訳:フローレンス・リタウアー著 - 1983年刊)

パーソナリティ・プラス

この本で示されているパーソナリティ・プロファイリングの原則は、「現代医学の父」としても知られるヒポクラテス(紀元前400年)の教えに由来している。

この本で、自分自身と自分にとって重要なパートナー(子どもを含む)、そして他人を理解することができる。

人々の性格タイプだけでなく、その人の中心的な気質に基づいた長所と短所を評価できる能力は重要だ。この本を読むことで、自分の表現方法、人との接し方、関わり方にも影響を受けるだろう。

How to win friends and influence people(邦訳『人を動かす』デール・カーネギー著 - 1936年刊)

人を動かす

人を動かす

タップするとアマゾンに遷移します。

現代における対人スキルのゴッドファーザーによって書かれた本。

自分に興味を持ってもらおうとして過ごす2年間よりも、自分が他の人々に興味を持って過ごす2週間の方が、より多くの友人を得て、人々に影響を与えることができるでしょう(カーネギー)」

この本にある多くの教えの中で、カーネギーから教わったのは、「自分の名前は、その人にとって最も快い言葉だ。だから名前を呼びなさい」ということ。人は自分の名前を聞くのが好きなのだ。


ほとんどのビジネスは「人+商品」の組み合わせだ。ビジネスで最も成功している人たちは、「対人スキル」をマスターしていると信じている。他のあらゆるスキルと同じように、対人スキルも練習すればするほど上達する。

[原文:What would be the top 3 books you would recommend for a small business owner?スモールビジネスのオーナーにお勧めの本を3冊教えていただけませんか?

(編集・稲葉結衣

注:この記事のリンクを経由してアマゾンで製品を購入すると、編集部とアマゾンとのアフィリエイト契約により、編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み