無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


黒船スタバがもたらした「お茶」イノベーション。30代女性創業「奈雪の茶」、今週上場

インサイド・チャイナ

leungchopan / Shutterstock.com

日本のタピオカブームはコロナ禍でしぼんでしまったが、同じ時期に中国で大ブームだったお茶ドリンクは、1杯500円台の高級ブランド「奈雪の茶」がお茶系飲料チェーンで初めて上場にこぎつけるなど、進化が続いている。

3年前、中国はミルクティーブームで、ミルクティースタンドの起業を夢見る20代の中国人女性を紹介した。

「奈雪の茶」やそのライバルの「喜茶」の創業者も、この女性のように「自分の店を持ちたい」とカフェをオープンし、30歳そこそこで数百店舗を展開するまでになった。お茶ドリンクブランドの急成長からは、若者の感性をVC(ベンチャーキャピタル)が資金で支える方程式が、IT分野以外でも機能している。

スタバが起こした中国カフェ革命

shutterstock_1398911276(1)

黒船スターバックスは中国のコーヒー市場を育てただけでなく、お茶ドリンク業界をアップグレードした。

Shutterstock

お茶ドリンク市場のアップデートの陰の立役者は、スターバックスだ。

スタバは2010年代前半に中国の都市部で積極出店し、カフェ文化を醸成した。ドリンクの価格は30元前後(約500円)で、一般的なランチの価格の1.5~2倍ほどしたが、流行に敏感な若い女性はコスパを気にしない。スタバの成功でローカルのコーヒーチェーンが続々と現れ、コーヒー流行前から女性の定番的な飲み物だった「お茶ドリンク」市場にも革命が起きた。

従来のお茶ドリンクは、イチゴやバナナなどのフレーバーを付けた粉末材料をお湯で溶かし、タピオカを投入した「即席飲料」だった。テイクアウト形式のスタンドはスーパー地下の惣菜売り場や大学周辺が出店の定位置で、価格は5元(約85円)前後。

おしゃれな高価格コーヒーショップとは元々競合しない存在でもあったが、お茶ドリンク業界のアップデートを図る勢力が現れた。その代表が「奈雪の茶」と「喜茶」だ。いずれも20代の若者が創業、という点も共通している。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み