無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ねこや鳥も助ける! 上海で野良犬8000頭を世話している僧侶が話題

野良犬

上海の街中を歩く野良犬。

REUTERS/Aly Song

  • 中国、上海には約30年にわたって数千匹の野良化した動物を救済し続けている仏教の僧侶がいる。
  • 自身の寺院や動物保護施設で、今では約8000頭の犬に加え、ねこや鳥の世話をしている。
  • こうした動物たちを世話するのに、年間200万ドル(約2億2000万円)近くの費用がかかっている。多くの動物が海外の新しい飼い主に引き取られている。

中国の上海で、街中をさまよっている数千頭の野良犬たちを救済し続けている仏教の僧侶が世界的な注目を集めていると、AFP通信が報じた。

Zhi Xiangさん(51)は1994年から自らの信仰の一環として、動物たちを救済している。

AFP通信によると、Zhiさんは報恩寺の僧院と自らが運営する動物保護施設に現在8000頭近い犬を住まわせているという。

上海には何百万という野良猫や野良犬がいるが、その多くは飼い主に捨てられた元ペットだ —— 無制限な繁殖のせいでその数は爆発的に増えていると上海日報は以前、報じていた。こうした動物の多くは、飢えや事故、病気で死んでしまう。警察に捕獲され、安楽死させられる動物もいる。

「わたしは彼らを助けなければなりません。そうしなければ、彼らは死んでしまうのです」とZhiさんはAFP通信に語った。

Zhiさんは他にも、数百匹のねこ、ニワトリやクジャクといったさまざまな野良化した動物を保護していて、全ての動物の世話をするために、毎朝4時に起きている。こうした動物たちを世話するのにかかる年間約180万ドルの費用は、寄付によってまかなわれている。

ボランティアのおかげで、一部の動物はアメリカやヨーロッパで新しい飼い主に引き取られている。

「彼らはとても幸せでしょう。おかげで、わたしもやりがいを感じています」とZhiさんはAFP通信に語った。

「ただ、さみしい気持ちもあります」

[原文:A Buddhist monk has rescued 8,000 stray dogs from the streets of Shanghai

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

矢澤麻里子

働きすぎるのが怖い。「VCとしては尊敬できるけど、奥さんじゃない」と突きつけられた離婚【矢澤麻里子3】

  • 浜田 敬子 [ジャーナリスト/前Business Insider Japan統括編集長]
  • Jul. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み