無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


セールスフォースの環境負荷測定ツールに「次の10年の勝ち組」企業が殺到する理由

マーク・ベニオフ 顧客関係管理 CRM セールスフォース

顧客関係管理ソフトウェア最大手セールスフォース(Salesforce)のマーク・ベニオフ最高経営責任者(CEO)。

Salesforce

時価総額2240億ドル(約25兆円)の顧客関係管理ソフトウェア大手セールスフォース(Salesforce)。環境を重要なステークホルダーと位置づける同社は、サステナビリティ(持続可能性)を核とするビジネスの構築を静かに推し進めている。

最高経営責任者(CEO)のマーク・ベニオフは、以前から環境問題に熱心で、企業が気候危機の解決にフォーカスする必要性を何度となく公の場で語ってきた。

セールスフォースは過去9年間の二酸化炭素排出量をレポートで公開、2020年にはそれ以降の10年間で1兆本を植樹する計画も発表している。

2021年、同社はすでにすべてのプロダクトについてカーボンニュートラル(=温室効果ガス排出量から吸収量を差し引いてゼロの状態)を達成したことを明らかにした上で、さらに再生可能エネルギー100%を目指すとしている。

セールスフォースにとって、環境への影響をトラッキングするのは簡単なことではなかった。

かつては(表計算ソフトの)スプレッドシートを使い、さまざまなコンサル会社の力を借りて、手作業でカーボンフットプリント(=事業やプロダクトのライフサイクル全体を通して排出される温室効果ガスの総量)を計算していた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み