無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ホテルグランドパレスが営業終了。49年の歴史で愛された名物料理は(写真)

49年の歴史に幕を閉じるホテルグランドパレス。

49年の歴史に幕を閉じるホテルグランドパレス。

撮影:吉川慧

東京・千代田区のシティホテル「ホテルグランドパレス」が6月30日、49年間の歴史に幕を閉じる。

1972年2月、丸の内のパレスホテル(現パレスホテル東京)の姉妹ホテルとして開業。所在地は千代田区飯田橋1丁目だが、最寄りは地下鉄九段下駅だった。皇居にもほど近く、周囲には北の丸公園や日本武道館、靖国神社などがある。

地上24階・地下5階、客室数は458室で収容人数は820名。7つの直営レストランやバーのほか20室の宴会場を誇った。これまでに数々の記者会見や、プロ野球のドラフト会議、大相撲の優勝力士の祝賀パーティも開かれた。

ただ、コロナ禍の影響で宿泊客の大部分を占めていたインバウンド需要が蒸発。国内客の旅行需要も激減し、2020年の売り上げは前年比で7割減に。加えて施設の老朽化もあり、創業50年の節目を目前にしながらの営業終了となった。

2月に総支配人名で出した営業終了のお知らせは、「過去に類を見ない経営環境に陥っていること」を理由に挙げている。

1973年「金大中事件」の現場

故郷の木浦で支持者に手を振る金大中氏(1987年9月)

故郷の木浦で支持者に手を振る金大中氏(1987年9月)。

REUTERS

グランドパレスといえば、戦後史の舞台の一つとなった場所である。

開業間もない1973年8月8日の昼過ぎ、グランドパレスに滞在中だった韓国の民主化運動の指導者で元大統領候補だった金大中氏が何者かに拉致された。世に言う「金大中事件」だ。

金氏はホテル22階のスイートルーム「2212号室」で会談を終え、廊下を出たところを襲撃、拉致された。拉致から5日後の夜、金氏はソウルの自宅近くで解放。自力で自宅に戻ったが、その後は身辺警護を理由に軟禁された。当時の韓国は朴正煕大統領による独裁政権だった。

拉致現場では当時の駐日韓国大使館一等書記官の指紋が見つかり、韓国当局が関与した疑いも浮上。韓国による金氏への人権侵害と日本への主権侵害行為が問題となった。

ホテルグランドパレスの荷物タグ

ホテルグランドパレスの荷物タグ

撮影:吉川慧

1975年7月、韓国政府は日韓外相首脳会談に際し、事件に関する口上書を提出。容疑者だった一等書記官の解任で政治決着した。2007年に韓国・国家情報院の真実究明委員会は、「金大中事件」が当時の情報機関である韓国中央情報部(KCIA)による組織的犯行だったと認める報告書を公表した。

拉致事件後の1980年、金氏は光州事件による逮捕、死刑判決を受けるがのちに釈放。1997年、4回目の立候補でついに当選。韓国史上初めて野党出身の大統領となった。2000年には北朝鮮の金正日総書記との南北首脳会談を実現し、ノーベル平和賞を受賞。2009年、85歳で波乱の生涯を閉じた。

1階レストラン「カトレア」の人気メニュー「伝統の帆立貝柱のピラフ シャトーソース」は、ホテルの洋食の顔だった。

バターライスに大きくカットされたマッシュルームとたっぷりの貝柱。帆立の風味が食欲をそそる。

バターライスに大きくカットされたマッシュルームとたっぷりの貝柱。帆立の風味が食欲をそそる。

撮影:吉川慧

開業以来の名物「オレンジケーキ」は、オレンジピールとバターをたっぷり使った芳醇な甘みで人気だった。

撮影:吉川慧

1階レストラン「カトレア」からは涼し気な滝がのぞめた。

撮影:吉川慧

創業50年の節目を目前にしながら、ホテルグランドパレスは幕を閉じる。

ロビーに置かれていたメッセージボード。

ロビーに置かれていたメッセージボード。

撮影:吉川慧

東京商工リサーチによると、2020年の宿泊業界における倒産は118件(前年比57.3%増)。このうち新型コロナウイルス感染拡大を要因とするものは55件でほぼ半数を占めた。依然として業界は厳しい経営環境にある。

撮影:吉川慧

(文・吉川慧

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み