無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ストレスが少なく高給で、2020年代に仕事が増える職業:トップ20

Environmental scientists are projected to grow by 7,100 jobs between 2019 and 2029 and have a relatively low-stress tolerance score.

環境科学者は、2019年から2029年の間に7100の求人数が増えると予測されており、ストレス耐性のスコアは比較的低い。

Robert F. Bukaty/AP

  • 年収7万5000ドル(約830万円)以上で、ストレスが少ない職業を調査した
  • また、アメリカ労働統計局(BLS)の予測を用いて、2019年から2029年の間にどのような仕事が増える可能性が高いかを調べた。
  • ここに紹介した高収入でストレスの少ない職業は急速に成長すると予想されている。

20. テクニカルライター

5e2f451a5bc79c2e98747826

Reza Estakhrian/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:4300

ストレス耐性スコア:69

平均年間給与: 7万8590ドル(約869万円)


19. 環境学者、環境の専門家

Environmental scientists

Robert F. Bukaty/AP

2019年から2029年に予想される求人数:7100

ストレス耐性スコア:69

平均年間給与: 8万90ドル(約885万5000円)


18. 保険監査員

60da2ac81477f300188c82b7

Thomas Barwick/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:4900

ストレス耐性スコア:69

平均年間給与: 9万2730ドル(約1025万2000円)


17. データベース・アーキテクト

17. Database architects

Wutthichai Luemuang/EyeEm/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:1万2800*

ストレス耐性スコア:69

平均年間給与: 10万1090ドル(約1117万7000円)

(求人予想は、データベース・アドミニストレータとアーキテクトを合わせた数)


16. 高等教育の哲学、宗教の教師

16. Postsecondary philosophy and religion teachers

Klaus Vedfelt/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:2100

ストレス耐性スコア:68

平均年間給与: 9万160ドル(約996万9000円)


15. 地球科学者

15. Geoscientists

Adwo/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:1600

ストレス耐性スコア:68

平均年間給与:11万2110ドル(約1239万5000円)


14. アーティスト、パフォーマー、アスリートのエージェントやマネージャー

14. Agents and business managers of artists, performers, and athletes

fizkes/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:2600

ストレス耐性スコア:67

平均年間給与:9万8070ドル(約1084万3000円)


13. 高等教育の教師

13. Postsecondary education teachers

skynesher/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:3700

ストレス耐性スコア:66

平均年間給与:7万5010ドル(約829万3000円)


12. コンピューターおよび情報科学の研究者

12. Computer and information research scientists

Maskot/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:5000

ストレス耐性スコア:66

平均年間給与:13万890ドル(約1447万2000円)


11. 疫学者、伝染病学者

11. Epidemiologists

valentinrussanov/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:400

ストレス耐性スコア:64

平均年間給与:8万3620ドル(約924万5000円)


10. 統計学者

10. Statisticians

Drazen_/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:1万4800

ストレス耐性スコア:64

平均年間給与: 9万7170ドル(約1074万3000円)


9. 経済学者

9. Economists

SmartPhotoLab/Shutterstock

2019年から2029年に予想される求人数:2900

ストレス耐性スコア:64

平均年間給与:12万880ドル(約1336万5000円)


8. 生物工学者、生物医学工学者

 8. Bioengineers and biomedical engineers

Tom Robertson/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:1000

ストレス耐性スコア:63

平均年間給与:9万8340ドル(約1087万3000円)


7. 高等教育の経済学教師

7. Postsecondary economics teachers

SDI Productions/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:900

ストレス耐性スコア:63

平均年間給与:12万3720ドル(約1367万9024円)


6. 食品科学者、食品技術者

6. Food scientists and technologists

Mark Edward Atkinson/Tracey Lee/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:600

ストレス耐性スコア:62

平均年間給与:8万190ドル(約886万6000円)


5.水文学者

5. Hydrologists

Smith Collection/Gado/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:400

ストレス耐性スコア:62

平均年間給与:9万150ドル(約996万7000円)


4. 物理学者

4. Physicists

pixelprof/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:1300

ストレス耐性スコア:62

平均年間給与:13万7700ドル(1522万5000円)


3. オペレーションズ・リサーチ・アナリスト

3. Operations research analysts

FG Trade/Getty Images

2019年から2029年に予測される求人数:2万6100

ストレス耐性スコア:61

平均年間給与: 9万2280ドル(約1020万3000円)


2. 化学技術者

2. Chemical engineers

Portra/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:1400

ストレス耐性スコア:61

平均年間給与:11万4820ドル(約1269万5000円)


1. 政治学者

1. Political scientists

Tasos Katopodis/Getty Images

2019年から2029年に予想される求人数:400

ストレス耐性スコア:61

平均年間給与:12万4100ドル(約1372万円)


調査方法およびデータソース

Insiderは、必要なストレス耐性度が低い高収入の職業をまとめた後、これらの職業のうち、2019年から2029年の間に大きく雇用が伸びる可能性のあるものを調べようと考えた。

そこで、アメリカ労働統計局(BLS)の「職業別雇用・賃金統計( Occupational Employment and Wage Statistics )」に掲載されている賃金データと、職業データベース「O*NET Online」に掲載されているストレス耐性スコアを用い、「高収入でありながら、比較的ストレスの少ない職業」をリストアップした。O*NETのストレス耐性スコアは、0から100までの数値で示されており、スコアが高いほどストレスレベルが高い。また、直近の2020年5月時点で、平均年収が7万5000ドル(約830万円)以上の仕事のみを対象とした。

このリストの作成後、労働統計局の最新の雇用予測を用いて、さまざまな職業における2019年から2029年までの雇用状況の変化を予測した。10年間で急速に成長すると推定される仕事を見るために、2019年から2029年までの全職業の変化率である3.7%よりも、予測される雇用の変化率が大きい仕事をピックアップした。

パンデミックによる変化を考慮していないため、この予測は10年間の正確な結果ではないかもしれないが、ストレスの少ない仕事環境で、しかも高収入の職業の成長性をある程度示すことができているだろう。

上記の職業は、ストレスが多いものから少ないものへとランク付けされており、同点の場合は平均年間賃金で評価されている。

[原文:20 high-paying, low-stress jobs that are growing in the 2020s

(翻訳:大場真由子、編集:Toshihiko Inoue

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

cop26

COP26「脱炭素」と原発推進の不都合な現実…ヨーロッパ主要国が急進する理由は「電源構成」でわかる

  • 土田 陽介 [三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 副主任研究員]
  • Dec. 07, 2021, 12:00 PM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み