無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


それでもアップルは週3日の出社を求める…「文化と未来に不可欠」

アップルのティム・クックCEO。

アップルのティム・クックCEO。

AP

  • アップルは、ほとんどのスタッフに9月からオフィスに戻ることを要求している。
  • 新しい情報によると、従業員から抗議があったにもかかわらず、会社はその決定を変えようとはしていない。
  • 「対面でのコラボレーションは、我々の文化と未来にとって不可欠だ」と、アップルのシニアバイスプレジデント、ディアドラ・オブライエンは述べている。

アップル(Apple)は頑なだ。同社は2021年9月から、少なくとも週3日はオフィスに戻ることを従業員に要求している。

The Vergeが入手したビデオの中で、シニアバイスプレジデントのディアドラ・オブライエン(Deirdre O'Brien)は、「我々は、直接会って行うコラボレーションが当社の文化と将来にとって不可欠であると信じている」と述べている。

このアップルの経営陣からのメッセージは、数十人のアップル社員が今後のより柔軟な在宅勤務ポリシーを求める社内文書を作成した数週間後に発表された。

その文書には「経営陣のリモート・ワークについての考え方と、多くの社員の生きた経験との間には、断絶があるように感じられる」と書かれている

アップルのティム・クック(Tim Cook)CEOは当初、6月初旬に従業員をオフィスに戻す計画を発表していた。この計画では、ほとんどのアップル社員が月曜、火曜、木曜にオフィスに出勤し、水曜と金曜は任意の在宅勤務日としている。

6月6日、在宅勤務用のSlackチャンネルに参加していた社員たちが、より柔軟なポリシーを求めるクックCEO宛の書簡を送った。しかし、オブライエンを起用したビデオが公開された後、社員たちは「より恒常的な在宅勤務を希望する者は、役員の承認を得なければならない」との回答を受け取った。

[原文:Despite employee protest, Apple is still requiring most employees to return to the office in September

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み