無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


GAP、9月末までにイギリスとアイルランドの全店舗を閉店へ

GAP

Chris J Ratcliffe/Getty Images

  • ギャップ(GAP)は9月末までに、イギリスとアイルランドの全ての店舗を閉店する。ただ、オンライン販売は続けるという。
  • eコマースの競争が激しさを増す中、ギャップは苦戦してきた。
  • 同社では「オールド・ネイビー(Old Navy)」や「アスレタ(Athleta)」といったブランドが好調な一方で、「ギャップ」ブランドは売り上げが落ちている。

世界全体で売り上げが落ちる中、ギャップはイギリスとアイルランドの全ての店舗を閉店する。

同社は9月末までに全81店舗を閉めるが、オンライン販売は続けることを6月30日に明らかにした

ギャップは今回の動きを「市場力学」の結果だとしている。

「eコマース事業は成長を続けており、わたしたちは顧客が購入している場所で彼らに会いたいと考えています」と同社は述べた

「わたしたちはデジタル・ファーストの企業になります。わたしたちのオンラインビジネスを支援してくれるパートナーを探しています」

ギャップは8月中旬から9月下旬にかけて、店を閉めていくとしている。ギャップは1987年にイギリスに、2006年にアイルランドにそれぞれ1号店を出した。

親会社のギャップは2020年10月、北米の「ギャップ」と「バナナ・リパブリック(Banana Republic)」約350店舗を閉店すると発表した。

同社は2021年第1四半期の全体としての純売上高を2019年から8%増の40億ドル(約4500億円)と報告しているが、これはオールド・ネイビーとアスレタが好調だったおかげだ。

ギャップの第1四半期の純売上高が2019年より16%減った一方で、オールド・ネイビーは25%、アスレタは56%伸びた。

「ギャップは、パンデミック中に大人気となったアスレジャー・スタイルを何十年も前から提供してきた」とハーグリーブス・ランズダウンのシニア・インベストメント・アンド・マーケット・アナリストのスザンナ・ストリーター(Susannah Streeter)氏はInsiderにコメントした。

「ただ、ギャップ全体の売上高がここ1年で伸びたとはいえ、その一連のブランドは売り上げに火を付けていない」

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み