無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


1万4000人以上が避難… フィリピン、タール火山の噴火警戒レベルが「3」に

タール火山

噴火の数日前に撮られたタール火山の噴火口(2021年6月24日)。

Ted Aljibe/Getty Images

  • フィリピンのタール火山が周辺地域を煙と灰で飲み込もうとしている。
  • 当局は、近隣住民1万4000人以上を避難させた。
  • 2020年の噴火では39人が死亡、数十万人が住む家を失った。

フィリピンの首都マニラ近郊にあるタール火山の活動が活発になっていることを受け、現地では近隣住民1万4000人以上が避難している。当局は2020年1月の噴火と同様の甚大な被害が出るのではないかと恐れている。

フィリピン火山地震研究所(PHIVOLCS)は7月1日、タール火山が高さ約1キロに及ぶ噴煙を吐き出したことを受け、その噴火警戒レベルを「3」に引き上げた。

PHIVOLCSによると、1日夜には4回の比較的小さな爆発があったという。

2020年の噴火

2020年の噴火。噴煙は高さ15キロメートルにも及んだ。

Mariano Sayno/Getty Images

現地当局によると、これまでにバタンガス州から3500世帯、1万4000人以上が避難しているという。

PHIVOLCSが1日に撮影した動画は、噴火口から噴煙が上がる様子を捉えている。

このような爆発は灰や火山岩塊を空高く飛ばし、それらは周辺地域に降り注ぐことになる。これが2020年の噴火でバタンガス州が受けた主な被害の1つだ。

ロイターによると、当局は2020年よりも危険な噴火が起こる可能性があるとしている。

噴火警戒レベル「4」で発生した2020年1月の噴火では、大量の灰やがれき高さ15キロメートルまで舞い上がり、火山雷も発生した。39人が死亡し、数十万人が住む家を失った。

被災地

噴火から約1年後の被災地の様子(2021年1月10日、バタンガス州)。

Aaron Favila/Associated Press

タール火山の噴火で死亡者が出たのは、2020年が初めてではない。1911年の噴火では、1300人以上が死亡した

InsiderはPHIVOLCSにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

[原文:More than 14,000 people have been evacuated from a region in the Philippines as the Taal volcano threatens a repeat of last year's devastating eruption

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

会計とファイナンスで読むニュース

2億ユーザー突破、時価総額はディズニー超え。ネットフリックスの強さ支える「特異な収益構造」

  • 村上 茂久 [株式会社ファインディールズ 代表取締役]
  • Nov. 30, 2021, 07:15 AM

有料会員限定

tmb_china.001

SDGsとリモートワーク、スタバが上海に実験店舗。「サードプレイス」の進化模索

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Nov. 30, 2021, 07:00 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み