無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


使えばデジタル通貨がもらえる? 韓国の大学教授がデザインしたサステナブルなトイレ

蔚山科学技術大学校

韓国、蔚山科学技術大学校。

REUTERS/Daewoung Kim

  • 韓国の大学教授らは、うんちからエネルギーを作るトイレをデザインした。
  • このトイレを使った学生には「Ggool」というデジタル通貨が与えられる。
  • 平均的な人間の1日のうんちで、自動車に4分の3マイル(約1.2キロメートル)分の動力を供給することができると、教授の1人は話している。

韓国では、ある"特別なトイレ"を使うことで、本や果物、入れたてのコーヒーが手に入る。

蔚山科学技術大学校の教授らは、人間の排泄物に含まれるメタンガスをエネルギー源に変換するトイレをデザインした

トイレを使った学生には「Ggool」というデジタル通貨が1日に10単位与えられる。「Ggool」は韓国語で「蜂蜜」を意味し、キャンパス内でバナナや文房具、カップ麺といったアイテムを購入するのに使えると、ロイターは報じている

トイレの名前は「BeeVi」("Toilet, like a Bee with a Vision"の略)で、環境にやさしいサステナブルなデバイスを目指している。

BeeViはバキュームと少量の水を使って、うんちをトイレから地下のタンク、バイオリアクターに送り込む —— このことから、考案者たちはBeeViを「超節水バキューム式トイレ」と呼んでいる。

排泄物に含まれるメタンガスは、大学構内のガスストーブや温水ボイラー、電気を作り出す燃料電池といった設備のエネルギー源に変換されるという。

トイレのデザインを手掛けた1人で、都市環境工学を専門とするCho Jae-weon教授は、平均的な人間の1日のうんちで、自動車に4分の3マイル分の動力を供給することができるとロイターに話している。

「既成概念にとらわれずに考えてみたら、排泄物にはエネルギーと肥料を作る貴重な価値があるんです」

Ggoolを使ってアイテムを購入したある大学院生は、新しいトイレのおかげで今ではうんちを「宝物」と見なしていると、ロイターに語った。

「自分の欲しい本を買うことを考えて、食事中に排泄物について話すことすらあります」

[原文:This South Korean toilet powers a university building and lets you buy food and books after you poop

(翻訳、編集:山口佳美)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

インサイド・チャイナ

恒大危機は融創、碧桂園に波及か。「持たざる天才」の戦いが生んだ中国不動産バブルの全容

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Sep. 28, 2021, 07:00 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み