無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


mRNAワクチン開発のモデルナ、インフルエンザ用のmRNAワクチンの臨床試験を開始

リリース

モデルナ社のプレスリリース。

撮影:三ツ村崇志

新型コロナウイルスに対するmRNAワクチンを開発・提供しているアメリカの製薬ベンチャー・モデルナは7月7日(現地時間)、季節性インフルエンザに対するmRNAワクチン「mRNA-1010」の第1/2相試験(開発初期の臨床試験)を実施することを発表した。

「mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン」は、コロナ禍で登場した次世代ワクチン。

モデルナの新型コロナウイルス用mRNAワクチンは、5月の段階で世界45カ国で使用が許可されており、契約数だけで見ると約13億回分を超えている(日経新聞より)。日本でも職域接種に導入され、7月8日の段階で約150万回の接種が完了している(首相官邸より)。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)用としては、モデルナの他にも、アメリカ製薬大手のファイザーとドイツのベンチャーBioNTechが共同開発したmRNAワクチンも世界で広く接種が進められている。

これまでの各国の接種状況から、mRNAワクチンはモデルナ製にしろファイザー製にしろ、COVID-19に対して90%を超える発症予防効果が確認されている。

また、変異ウイルスに対しても一定の予防効果が期待できるとする研究結果も報告されるなど、非常に有用なワクチンだといえるだろう。

今回、モデルナが臨床試験を実施すると発表したインフルエンザ用のmRNAワクチンも、COVID-19用のmRNAワクチンと同様の仕組みで機能するワクチンだ。

モデルナが計画する1/2相試験では、約180人の健康な成人を対象に実施される予定だ。安全性はもちろん、接種した際の反応や免疫の付き方などを評価することを目的としている。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み