無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「子どもたちは過剰なほど適応」。4度目の緊急事態宣言の夏、子どもたちが思うこと

「おとなに言いたいこと」

コロナ禍で2回目の夏。子どもたちは今、何を思うのか?

撮影:今村拓馬

型コロナウイルス禍の2回目の夏がやってくる。東京都は4度目の緊急事態宣言下となった。

目下、話題の中心はワクチン接種と五輪で、経済と安全のバランスをとるための新たなルールづくりは、明確な緒が見えないまま模索されている。しかし、社会の構成員は大人だけではない。子どもたちは今、何を思うのか。

大人が決めたルールを従順に守りながらも、実はストレスを抱えていないだろうか。

子どもたちに直接思いや考えを聞く取材を続けている筆者は今回、東京都杉並区の民間学童「いおぎみんなの学校」に通う小学1年生から4年生までの14人の子どもたちを訪ねた。

※取材時期は、緊急事態宣言下、2度目の延長期間にあたった6月初旬。学童の協力を得て、外部講師を呼ぶ活動時間を使ってヒアリングを実施した。

「おじいちゃんと釣りしたい」

学童1

取材では、子どもたちへの質問に、思い思いに回答を画用紙に書いてもらった。

撮影:今村拓馬

学童の部屋を訪ねると、学校を終えて集まった子どもたちは、放課後特有のリラックスしたムードで、思い思いに過ごしていた。ただし、その顔には当たり前のように「マスク」がある。この“新しい日常”を子どもたちも受け入れているように見える。

取材チームの自己紹介を簡単に済ませ、「今日はみんなのお話を聞かせてほしいと思って、ここに来ました!」と言うと、何人かの顔がパッと上がった。ソワソワと落ち着かない様子の子もちらほらと。

この記事は有料です。続きは有料会員になるとお読みいただけます。

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

219021134_827108451309823_1760150731381378736_n(1)

副業ブームの今、大企業を辞めて私があえて専業ライター選ぶ理由

  • りょかち [ライター/コンテンツプランナー]
  • Aug. 04, 2021, 07:10 AM

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み