無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


パナソニックとLG化学が出資の電池ベンチャー「商用化に向けた最終段階の入り口」公的資金がカギ握る

prime_enevate_top

パナソニック、韓国LG化学という「電池業界の巨人」がいずれも出資する電池ベンチャーが独自技術の商用化に向けた正念場を迎えている。

Screenshot of Enevate website

バイデン米大統領は、電気自動車(EV)の普及拡大を促そうと、急速充電システムとそれを実現する技術の開発に1000万ドル(約11億円)を投じる考えを明らかにしている。

いままさに、この政府の「大盤ぶるまい」の可能性に賭け、飛躍を遂げようというスタートアップがある。エネベート(Enevate)だ。

電池分野の有力スタートアップの多くは公的資金の獲得にほとんど興味を示していない。一方、急速充電に特化したエネベートは、公的資金の投下候補として政府の目をひこうと、総額2億ドル(約220億円)の民間資金を使って生産体制を拡充しようとしている。

同社のセールス&マーケティングリード、ケビン・シュランツはバイデン大統領の狙いに賛同する。

「(急速充電インフラの開発と整備は)重要な取り組みです。当社はそこで役割を果たし、貢献したいと考えています」

米カリフォルニア州アーバインに本拠を置くエネベートは、電池メーカー向けのプレゼンによれば、よりエネルギー密度の高いシリコン主体のアノード(陽極)技術を武器に、従来のリチウムイオン電池に代わるコスト競争力のある電池を実現できるという。

端的に言えば、電池の核心部分の素材を、より安全、安価で効率性の高いものに置き換えるというわけだ。

エネベートは2008年に初めての資金調達ラウンドを実施。その後、パナソニック、韓国LG化学、ルノー・三菱・日産アライアンスなどからも資金を集めてきた。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

新着記事

Popular