無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


在宅ワークの安らぎに。ソニーの「ランタン風スピーカー」が3万円台で登場……前機種との違いは?

LSPX-S3

ランタンのようなグラスサウンドスピーカーの新機種が登場した。

撮影:小林優多郎

ダイニングのインテリアにある「ソニー製品」に新型が登場する。

ソニーは7月13日、新型グラスサウンドスピーカー「LSPX-S3」を発表した。予想実売価格は3万9000円(税込)、8月6日発売予定。

ソニーはこれまでも、有機ガラス管が振動して均一に音が広がる“グラスサウンドスピーカー”を発売してきた。初期型「NSA-PF1」(2008年6月発売)から数えて、LSPX-S3は4世代目にあたる。

前機種に比べて、土台の素材の見直し、中低域の音を再生するウーファーのサイズアップをしつつ、価格が5000円前後下がっている点が特徴だ(LSPX-S2の直販価格は4万4000円税込)。

独特のグラスサウンドスピーカーが堅実に進化

LSPX-S3とS2

写真左からLSPX-S2、LSPX-S3。

撮影:小林優多郎

LSPX-S3自体の主な特徴は以下の通り。

  • 有機ガラス管自体が高音域のトゥイーターの役割を持ち、楽器の音、人の声を独特な雰囲気で再現。
  • 管の中のLEDは新しく32段階の明るさ調整に対応。光が揺らぐ「キャンドルモード」は揺らぎの大きさが3段階+音楽連動モードで調整可能。
  • 通話ボタンとマイクを新搭載することで、ハンズフリー通話にも対応。

本機種の大きな魅力は、やはりその機構とデザインにある。

歴代のソニーのグラスサウンドスピーカーはいずれも、有機ガラス管自体を振動させることで、一見してスピーカーには見えない独特のデザインと、音に包まれるような(いわゆる、無指向性スピーカー)特有のサウンド体験が得られる。

LSPX-S3

中心のLEDの光が、ローソクの火が揺らぐような独特の雰囲気を出す。

撮影:小林優多郎

体験すると、「360度のサラウンド感」ともやや違う印象で、仮に目の前にグラスサウンドスピーカーを置いたとしても、あまり目の前で音が鳴っているとは感じない不思議な感覚がある。けれど、ぼうっとぼやけた音になるわけでもない。弦楽器に近いガラスを振動させる機構のおかげか、生の楽器や人の声は一定の緊張感を持った表情になる。

パーティーコネクト

最大100台を同時につなげる「パーティーコネクト」に対応。

撮影:小林優多郎

ランタンのように光が揺らぐ、独特の機構にも新型ではアップデートが入った。

特に、LSPX-S3は光の強さをより細かく調整できるようになったほか、キャンドルモードに音楽連携機能が加わり、再生中の曲の音量に合わせて光が揺らぐようになった。

今回、最大100台のLSPX-S3を接続するパーティーコネクトにも対応。また、最大8台までにはなるが、連携したLSPX-S3間で時間差による光の連動表現もできる。

この記事の続きは有料会員になるとお読みいただけます。

月額プランで1週間あたりおよそ138円

※ 実際のお支払いは週単位ではなく月単位(550円)となります

有料会員に登録する
※ いつでもマイページから解約可能です。
ログインして続きを読む
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

新着記事

ジャック・マーの言葉

ジャック・マー、「マネジメント能力の高い人は毒がある」「公正無私の必要はない」と考える理由

  • 浦上 早苗 [経済ジャーナリスト/法政大学IM研究科兼任教員]
  • Dec. 03, 2021, 06:45 AM

有料会員限定

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み